悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

映画の料金についてについて

映画館の料金について、またふと思ったことを。

今は一律の料金ですが、これを、例えば最低500円とかにして、上は1,800円くらいを上限として、観客に決めさせるという方法はないかなと思いました。

イベントとかでは実施されたりしている料金徴収方法ですが、映画館では原則料金は前払いなのに対して、この方法になると、後払いにしないと駄目だという問題点はありますが。

毎日じゃなくても、実験的に週一度やってみるとか。

料金値下げはTOHOシネマズが一部店舗で実施して、結果、収入減になったらしいですが、料金の下げ幅は、通常料金が1,800円→1,500円なので、集客効果はそんなにないと思うんですよねー。せめて、1,200円程度にはしないと。サービスデーとかは、1,000円ですもんね。

前のエントリーは、観客が来ることを前提として書いちゃいましたけど、来ない場合も想定しないといけないですよね。なので、映画館側も、配給側もかなり割り切った、思い切った戦略が必要なのだと思います。色々と立場はあるだろうけど、一般の観客からしたら、「同じ」と見なされるんですよね。ということは、協力して切り抜けていかないと、一般の観客には届き難いということになります。

映画によっては、ずっと特別料金っていうのもありますが、そういう一過性のものって、浸透しないと思うのです。

将来的な顧客増に向けた集客戦略も必要だと考えるのですが……。