悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

カウボーイ&ゾンビ

※いつものようにdisってますし、ネタバレまでかましてます。

 

実を言うと、あまり期待してはいなかったんですよ、えぇ。ただ、ここまで面白くなかったっていうのは想定外だったというか。

オープニングの場面で、ガンマン対決があるのですが、西部劇ショーとかにあるようなセット感丸出しで、「あれ?この映画って西部開拓時代が舞台じゃなくて、カウボーイのスタントとかをやってる人がゾンビと戦う映画なんかな」って思ってしまったほど、低予算な空気を放出(はなてんとは読まない)しててくれました、初っ端からね……。

色々とやりたいことはわかるんですが、予算とセンスというか製作能力が追いつかなかったっていうのは、画面から痛いほど伝わってきます。伝わっちゃダメな要素なんですけどね。

あ、一番ビックリしたというか、苦笑してしまったのが、主人公のカウボーイが、容姿からはいい雰囲気を醸し出しているんですが、話すと甲高い声で、容姿と丸っきり合っていないってところです。この俳優さんをカウボーイ役として使うなら、寡黙な人物という設定で押し通した方がよかったような気がします。

メインキャラの一人のネイティブアメリカン役の人が、お前はドラフォのハーマンかっていうくらいのロン毛だったのが、個人的にはツボでした。イケメンじゃないけどね。

一応、お食事場面とか、エロい?場面とか、まぁ、低予算ゾンビ映画に期待される部分は押さえてはいる(押さえようとする)姿勢は買いたいとは思うのですが、その前に映画として何かやることを忘れてない?っていう気もします。

つか、カウボーイとゾンビ軍団との夜間の対決を描く気がないというか、予算や時間がなくて、ゾンビ要員もいなくて出来ないくらいなら、そんな展開に持っていくなよなぁ(怒)。あそこは、素直に三人で篭城して一夜明けました、っていう展開でいいじゃんかよ。それなら、ゾンビ要員が少なくてもなんとかなっただろうに。

ラストのどんでん返し的な展開は結構楽しめたんですが、ジャンプ的な終わらせ方はかなり食傷気味というか、アイデアがありませんでしたとしか思えないんですよね。まぁ、自主制作映画みたいなので、そんな期待というか、色々と求めるのは筋違いなんでしょうけどね。

全体的なアイデアはいいと思うので、別の製作チームに同じ題材で作ってもらいたいなぁと。出来ればハリウッドリメイクして欲しいなぁ、と思いま、せんでしたよ(笑)。