悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

※何気にネタバレしてます。




今回も懲りずに、小さなお友達の中に紛れて観に行ってきました。仮面ライダーと戦隊が激突するという展開から、お祭り映画だろうし、もっと破綻してるかなぁと思っていたのですが、まぁまぁ無難に纏めていたんじゃないでしょうか。

僕は、仮面ライダー派なので、パワーバランスが戦隊に偏っていたのがしゃくと言えばそうなのですが、数からしたら仮面ライダーの方が少ないので、戦っている、追いつめられているという状況を演出するのなら、致し方ないのかな。でも、なんかね、悔しい(笑)。

仮面ライダー側からはディケイド、戦隊側からはゴーカイジャーをメインに据えていますが、これも、話を展開させるには、この両者(両番組)しかいなかったでしょう。物語的には、完全にディケイドの世界観ですよね、アレって。

仮面ライダーと戦隊が勢揃いした時の数による暴力、じゃなくて、圧倒的な迫力は映画ならではだよなと感心しました。ただ、数が多い故の弊害で、出て来て突っ立ってるだけっていうキャラもたくさんいて、そのキャラのファンにとっては不満があるだろうし、そういう面での配慮が足りなかったのが残念です。

つか、現行キャラのメテオさんを噛ませ犬に使う大胆さは評価したいですが、僕は、メテオさんは気に入っているので、これまた、悔しいというか複雑な心境です……。

ブラックとシャドームーン絡みで、シャドームーンに対してブラックが「ノブヒコ」と呼びかけて攻撃を止めさせようとして、その直後に仮面ライダー&戦隊合同で反撃して撃退するっていうのは、ヒーローとしてどうなんだよ(笑)。

と、細かいネタも織り込んでいたりするのですが、どうもそれらが散漫になっていたりして、連なったパワーとして物語に閉じ込められてないのは、脚本とか設定段階でのミスなのかな。

最後も、ディエンドがラスボスに急遽昇格するわけですが、キャラ的にはその行動はわかるとはいえ、強引過ぎますよね。それに、ディケイドとディエンドのホモ展開になっての幕の閉じ方は駄目っしょ。ディケイドをメインに据えたので、ああいう展開になってしまうっていうのは理解は出来ますけどね。あっ、この映画の主人公って、実はディエンドなんですよねー。そうだそうだ。

個人的には、おのれディケイドおじさんが登場してくれたのは嬉しかったなぁ。

これならさ、草加雅人を主軸として展開してくれれば、なんて思ったり。あ、撮影の頃は、中の人が役者稼業を一時的に辞めていた時なので出来ないか。何故、草加雅人だって?僕が気に入ってるキャラクターだからですよ(汗)。

小さなお友達は結構楽しんでいたようなので、その層に向けては正解な作り方なのかもしれませんが、その小さなお友達が大きくなった時や、現在の大きなお友達用の設定の作り込み方は、今後の課題でしょうね。

次は、仮面ライダーVSスーパー戦隊VSメタルヒーロー、三つ巴の戦いでしょうか(強ち「ない」とは言えない)。