悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

トゥルースorデア 密室デスゲーム

ネタバレしてますが、いいじゃないですか、ネタバレしてても。

 

 


うーん。アイデアはいいとは思うんだけど、ご都合主義全開というか、強引過ぎたというか。それで粗とかを隠したかったのかもしれないのですが、それならもうちょっとテンポを速めた方がよかったと思います。

大学生の役なのに、特に女性陣は老けてるなぁっていうところも残念でした。

内容は、大学のパーティで苛められた弟が自殺未遂をして寝たきりになり、その復讐というか、一族(家族)の名誉の為に、軍人の兄が、苛めた大学生達をいたぶるというものです。

明らかに怪しいだろっていう状況なのに、何も考えずにのこのことやってくる大学生達、っていうところから、既に映画の中にのめり込めませんでした。こういうお話って、物語の本筋への導入部が大事じゃないかなって思うんですが、ここの辺りは丁寧に作って欲しかったですね。観終わった後では、なんでのこのことやって来たのかのっていう理由は、なんとなくはわかるんですが……。それを、もうちょっと伏線として散りばめておいて欲しかったですね。観客にそれとなく引っ掛かるように。

それは、お前の理解力が足れへんねって言われれば、そうかもしれませんけどね。ただ、ビッチ女子の父親が破産したっていう台詞だけじゃなくて、ビッチ女子が積極的に行こうとしているっていう描写を数カット入れるだけで、後の展開の受け入れ方が違ったとは思うんですけどね。まぁ、そうしたら、ラストのオチもわかっちゃうっていう弊害はありますけど。

兄者に協力する大学生の薬売人も、なんでそこまで協力するの?って思ってしまって。脅されてるにしても、反撃するチャンスなんて幾らでもあったしね。あ、そうそう、この映画は、隙が多いんですよ。そこを突っ込んで楽しむっていうタイプの映画でもないですしね。強引過ぎるのに隙が多いっていうも、きちんと映画が動いてなかったっていうことの現れでしょうか

最後は、ビッチ女子とその彼氏が生き残って車で脱出するんですが、そこは、一番一族の名誉にご執心だった検事の親父さん(あの管理人が親父さんなのだろうか。それなら途中で呆気なく殺されてるので無理だけど)が登場してぶっ殺して欲しかったところです。なんか、スカっとしないんだよなぁ。僕の正義感が認めないというか、生理的に受け付けない結末なんですよねー。元凶である悪人は、最後はくたばって欲しいんですよ。