悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

私の、生きる肌

ネタバレしていて、久々にdisってます。




昨年末に観た『ザ☆ビッグバン!!』以来のバンデラス主演の映画ですが、僕の中でバンデラスがどんどんと遠くに行っちゃたように思えた映画でした。かなり老け込みましたしね。

展開は面白かったと思います。でもね、なんか幼稚に感じたんですよね。結末も後味悪いし。

最初はかなり雰囲気もよくて、映像で物語っていて面白いなぁって観ていたのですが、途中から、物語が大きく動き出してから歯車が狂ってきたように感じました。それは恐らくは、映画のテーマ自体が歯車が狂った状態を描写しようとしていたのと相俟っていたのでしょうが、意図的にそうしたのではなく、結果的にそうなっただけだよねっていうのがわかってきて、白けてしまったんです。

折角映像で語っていたのに、途中から登場人物に説明台詞を連発させたり。製作陣の歯車が狂ってどうすんねん、ってね。

バンデラスをはじめ役者陣の熱演はわかるし、特にバンデラスは静かに歯車が狂っていくっていう医師の役を的確に丁寧に演じていたとは思うのですが、それでも、映画全体の歯車の狂いっぷりに翻弄されたのか、段々と悪い意味で埋もれていってしまってました。

ワンアイデアを、演出や役者や雰囲気で面白いものにしていくという過程で、どう歯車が狂っていったのかっていう舞台裏のドキュメンタリーが観たいですよ(笑)。あ、DVDとか買ったらメイキングが付いてくるかなぁー。

幼稚だと感じたのは、ワンアイデアを膨らませる為のプロットがステレオタイプというか、使い古されたものっていうところからかなぁ。期待していただけに、残念でした。僕の感想も幼稚だけどね(泣)。