読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

愚痴っぽくなるけど許して

愚痴っぽくっていうか、愚痴やね(笑)。

 

前から決めてはいたことなんですが、今いる会社を辞めることにしました。正式に退職願を出したので、後は日程を会社側と話し合って調整するだけです。

 

退職願と退職届と辞表って持つ意味合いが違うのを調べて驚きました。

 

有休消化がありますので、正式には8月から無職になるのかな。8月はちょっとバタバタするかなぁ。

 

辞める理由っていうのは、鬱病になったっていうこともあるのですが(軽度ですけど、かなり体調が悪くなりました)、会社で僕がやっている業務内容と評価が一致しないことに、僕の中で整理が出来なかったっていうことですね。企業に隷属していく気がなかったとも言えるでしょうか。

 

このままずっと会社にいて、これまで通りの業務をやったとしても、人事評価では僕の職位でやる仕事ではないので(本来は平社員の僕よりももっと上の職位の者がやる業務内容とのことです)、評価は出来ません(しません)ということが今まで通り続くだけで、将来的には僕の為にはならないと悟ったからです。

 

業務内容自体は嫌いではなかったんですけどね。でも、サラリーマンなんだから、適切な評価をしてもらわないとね。それが給与に繋がるわけですから。お金だけが問題じゃないけど、お金も大事ですからね。労働に見合った対価は欲しいですから。

 

なんか、書き方が硬いな。

 

「お前のやってる仕事は本来お前レベルがやる仕事(平社員がやる仕事)とちゃうねんから、ちゃんと自分の仕事(平社員がやる仕事)をしろ」って評価の場では言われるんですが、現実は「ちゃんと今まで通りの仕事をしろよ」って言われるわけですよ。ダブルスタンダードというか二枚舌というか。

 

結局、仕事をしてもしなくても、評価は下がる一方なのですよ。まさに負のスパイラル。

 

こういう時勢なので退職するのに不安はありましたよ。えぇ、今も不安はあります。でも、結局ズルズルと引き延ばしても、評価的には仕事をしていないとされるんですから、それを基にリストラとかもあり得ますからね。

 

小さい頃は、目指せ!窓際族だったんですが、いざなってみると、それに耐えられない自分がいて、少しショックです(爆)。

 

これから、やりたいことをやるには何が必要なのかを調べながら、悪くなった体調を戻すことを第一優先としつつ、少しだけゆっくりしたいと思います。