悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

リンカーン弁護士

ネタバレは少ないですが、かなりdisってます。でも、僕はこの映画は大好きです。




公開日に観たのですが、それもあるのでしょうが、結構映画館が満員だったのにはビックリしました。マシュー・マコノヒーファンが多いのかなぁ。

この映画も予告編を観て面白そうだと思ってたんですが、期待は裏切られなかったです。まぁ、映画の出来自体は低いんですけどね。妙な押し切り感があるのと、マシュー・マコノヒーの魅力爆発っていうのがよかったのだと思います。

ただ、もっとリンカーン(車種です)がバリバリ活躍するんかって思ってたら、小道具程度の扱いだったのは寂しかったです。カーチェイスとか、ロボットに変形するとかしてくれたら、もっともっと興奮したのになぁー(違)。

原作があるから仕方がないことかもしれませんが、雇われ運転手や主人公のアシスタントの扱い方が下手なのと、主人公の思考の変遷がうまく画面に描き切れてないのが、この映画の一番の弱点かもしれません。

雇われ運転手なんて、ごっついい役者さんで、もっと活躍の場を与えてあげればいいのになぁって思いましたね(拳銃を闇で調達しただけだし、映画的には闇で調達するっていう意味はなかったし)。それと、アシスタントの女性は、最初の登場が主人公の恋人?って感じっぽかったんで、その後の、主人公の元配偶者(検事さん)と娘との交流の部分も、イマイチ効果的に作用してなかったんですよね。主人公が尻軽な感じになってしまって、物語に厚みが出来なかったんですね。

恐らく原作に登場しているからそのまま出したんだと思うのですが、この映画だけで考えるとサクっと削った方がよかったのかもしれません。原作のこのキャラのファンは怒るだろうけど。

主人公も、最初はお金が第一で、依頼人が犯罪者だろうが何だろうが関係ないっていう人かなって思ったら、依頼人の為を思って、犯罪者であっても刑を軽くはする、っていう方針の人だったんですね。もうちょっと最初にそこを注力して描くか、途中でそういうように変わってきているっていうのなら、中盤にもうちょっと大きな展開が必要だったかなと思います。原作があるので、そうそう展開とか変えるわけにいかないのはわかりますが。

と、かなりdisっていますが、僕はかなり興奮して、映画にのめり込んで観てました。細かいことなんて気にしちゃいけないよっていう類いの映画では本来はなかったとは思うのですが、なんか、幸か不幸か、この映画はそういう類いの映画になっちゃってます。それがいいんですけどね(どっちやねん)。

マシュー・マコノヒーの熱演だけが空回りしてる感はありますが、その空回り感も含めて堪能出来る映画だとは思います。あんまし映画を観ない人にはお勧め出来ないですけど……。

 

&nbsp