読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

コナン・ザ・バーバリアン

※ちょこっとネタバレして、ちょこっとdisってます。




シュワちゃんを最初に有名にした映画のリメイクだと思っていたんですが、その原作をより忠実に映画化したというスタンスらしいです。アメリカでは3Dで公開だったのですが、日本では2Dで公開というのを観た後に知って、3D映画愛好家としてはかなり残念です。まぁ、3Dの意味があったかと言われたら、なかっただろうなぁとは思うんですけどね。でも、3D映画は3Dで観たいんですよねー。

残酷描写もそれなりにあって、西洋チャンバラもそれなりにあるし、ロン・パールマンが出て来てて、『デビル・クエスト』の役と似たような感じでかなりいいし、それなりに満足出来ました。

ヒロインも中盤からの登場ではありますが、綺麗だし、よかったでごわんすよ。好みです。気が強そうだけど。気の強い役だったから、とかじゃなくて、多分、地でも気が強いんだと思います。

そして、ボブ・サップが出ています。最近の試合よりも頑張った感じがあります。試合でも同じように頑張れよ……。

欲を言えば、もっと怪物とかがバンバン出て来て欲しかったなぁというのと、コナンが強過ぎる割には無双になってないとか、ラスボスのおっさんも強いんか弱いんかわからんっていうところをなんとかしてもらいたかったかなぁ。

低予算ってわかる画面ではあるんですが、それなりに頑張っていたのは褒めてあげたいです(←上から目線)。ただ、あんまし展開に起伏がないのと、コナン役の人にオーラがないんで、かなり途中がダレるのを、どう乗り切るかが鍵です(何のやねん)。

色々とやりたいこととかあったんだろうとは思うけど、予算とか予算とか予算の都合で無理だったんだろうなぁっていうのがわかってしまうような作りなので、予算とか予算とか予算がなかったんだろうなぁっていうのがダイレクトに伝わってきます。

なんか、予算がないとしか書いてないなぁ。それが一番印象に残ったということなのか……。いやいや、それなりに満足した映画ですよ、うんうん。