悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

ゾンビ革命―フアン・オブ・ザ・デッド―

ちょっとネタバレしてます。




キューバで初めて作られたゾンビ映画ということで、ネットでは以前から話題になっていたのですが、やっと大阪でも映画館で公開されたので観てきました。

コメディ系のゾンビ映画は好みではないのですが(じゃぁ観に行くなよっていうツッコミはなしでお願いします)、これはかなり楽しめました。ただ、コメディな分、ゾンビに襲われるという恐怖感がなかったことは残念でした。

この映画を観ていて、バタリアンとか死霊のはらわたは、絶妙なバランスだったのかなぁ、なんて思いました。バタリアンなんて、最初に公開された時に映画館で観た時は、憤りを感じましたけどね(笑)。

そうそう、キャラクターも凄くよかったんですが、そのキャラを惜しげもなくゾンビに喰わせるのかなと思いきや、メインキャラの半分以上が生き残るっていうのも、コメディ映画としては仕方がないのかもしれませんが、もうちょっと思い切って欲しかったですね。生き残るキャラっていうのがわかり過ぎるのもねー。

ゲイ役の人はプリンスに似てたなぁと思いつつ、プリンスに似ているということは、リッチー・コッツェンにも似ているということで、ということは昔のナイナイの岡村さんにも似ているということで(違)。

ゾンビの造形はかなりしっかりしていました。グロいまではいかないけど、その部分は満足しました。

コメディ系のゾンビ映画が大好きな人にはお勧めの映画です。