悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2

ちょっとだけしています。



吸血鬼映画は大好物なのですが、このトワイライト・サーガシリーズは全く観たことがありませんでした。だって、だってさ、ラブロマンスを前面に押し出してるって聞いたらさ……。

追い討ちをかけるかのように、面白くなかったという声も僕の周りでは多数ありましたしね……。

今回も、観る気は全くなかったのですよ。えぇ。

でも、予告編を観た時に、少し面白そうと思ったのです。そう、あの集団バトルの場面が。主人公軍団と敵側軍団の総力戦みたいな感じのやつが。だからと言って今までのシリーズを観て備えたいとも今更ながら思わなかったので、レンタル出来るようになってから集団バトルの場面だけ観るっていうのもアリかなー、なんて思っていたのです。

集団バトルの場面だけ目的に観に行ってもいいかなぁとも思ったんですがけどね、大きなスクリーンというのは魅力的だし。

だが、しかし、今回もやっぱりあんまし評判がよくなかったんですよね、僕の周りでは……。

そういった事情から、スルーする気満々だった僕に、あの集団バトルで、首チョンパがいっぱいありますよーというお知らせが……。

吸血鬼と狼人間の集団バトルに、プラスして首チョンパがあるだって?

しかも満載だって?

決まりました。観に行くしかないでしょう。僕が観ないで誰が観るんだよ、という覚悟で映画館に突撃しましたよ。ホビットの例もありますしね……。あれもスルーする気満々で、別の目的で観に行ったら、見事に映画にしてやられたという(いい意味です)結果でしたから。

いやー、めっさ面白かったです。え?これが評判悪いの?って思いましたよ。一番最初の、主人公が吸血鬼になってから走り回る場面とかは、これってコメディ映画(コメディ映画としては作ってないけど、悪い意味でコメディにしかなってないっていう意味です)だったのかって思って、評判悪いだけはあるよなー、集団バトルは恐らく最後の方だろうからそこまで起きてられるかなー、つまんなくて寝てもうて集団バトルの場面を観ることが出来なかったら最悪だよなー、そんなことを思っていたんですよ。

しかーし、そこからめっさ面白くなって、シリーズを全く観ていない僕みたいな奴にもなんとなくわかるような親切設計としたのか、続々と仲間の吸血鬼とか敵側の存在とかが提示されて、あー、こいつらが最後に集団バトルするんやなー、いいなー、なんて感じでいつの間にか映画にのめり込んでましたよ、この野郎。

吸血鬼映画というよりも、X-MEN的な、超能力を持った人(じゃなくて今回は吸血鬼だけど)同士の戦いを描いた映画のようでした。吸血鬼となって身体能力が上がってるだけじゃなくて、中には電撃放つ吸血鬼とか、保護バリア張る吸血鬼とか、人の心を読む吸血鬼とか、未来を相手に見せることが出来る吸血鬼とかがいるんですよ。ほら、X-MENっぽいっしょ。

最近の吸血鬼さんは、太陽の下でも活動可能な設定も多く見受けられるようになってきましたが、僕が頭が固いっていうのもあるのかもしれませんが、違和感が拭えないんですよねー。だから、余計にX-MEN的と思っちゃったんでしょう。

そして、最後の集団バトルの場面。いやー、首チョンパいっぱいあって楽しかったです。こういうのを、X-MEN3の最後のバトルでも観たかったんだよーって思いました。

それが夢オチというか、未来を見せる能力を持ってる人が、敵側のラスボスのおっさん(アンダーワールドのライカンのボス、というか色々な意味で悲劇の裏主人公のマイケル・シーンですよ)に提示したそいつの未来の映像だよっていうオチはちょっとどうかなーとは思いますけどね。

最後の最後で、主人公二人(リアルでもカップルだった?また復縁したの?)がお花畑で愛を語り合うのですが、浮気女のくせにって思っていたのは内緒です。