悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

アイアンマン3

若干ネタバレしています。かなりdisっていますが、愛情故とご理解ください。





期待してましたよ、えぇ。一回目は公開初日にIMAX 3Dで観たのですが、観終わった後味が『アベンジャーズ』を最初に観終わった後のあの感じにそっくりだったんです。要するに微妙だったということです(苦笑)。ただ、あれから『アベンジャーズ』を何度か観て、物凄く大好きになったので、『アイアンマン3』も次観たらごっつ嵌まるんじゃないか、嵌まったらまた何度も観に行くんだよなぁ、どうしようって思いました、その時は。

二回目は、お仲間と通常の3Dで鑑賞しました。うん、微妙なのは変わらずでした。なんかグっとこないんです。映画として悪くはないと思うのです。ただ、これまでのアイアンマンシリーズやアベンジャーズを踏まえて考えると、どうもこの着地点を気に入らないというか。

単なる好き嫌いなだけで、映画としての完成度とかをどうこうはないのですが、やっぱり好き嫌いは一番重要なポイントですしね。

テーマはわかるんだけど、今更又それをやるの?って感じが拭いきれないのが、ボクが好きになれない最大の原因だと思うのです。今回のテーマは、社長(もう社長じゃなくて、オーナーだけど)の精神的な自立、スーツを着たからアイアンマンではなく、社長=アイアンマンであるという自我の確立、その二つが大きなものだと捉えています。

じゃぁ、今後も見据えてその二つのテーマがどうなのかっていうと、精神的な自立は前々作、前作で既にやってしまっているんですよね。今回とは違う形とはいえね。社長=アイアンマンは、『アベンジャーズ』でのキャップの問いかけに対する返答ではあるのですが、じゃぁ、スーツは要らないの?ってなってしまうんですよね。ここを一歩掘り下げて描いていたら、とは思うのですが、他のヒーローとの差別化も図れないし、それはもうアイアンマンじゃなくてもいいんじゃね?ってなっちゃうんですよね、ボクは。

今回の映像的な目玉の大量のアイアンマンスーツにしても、確かに圧巻の映像ではあるのですが、似たようなことを前作の敵側でやっちゃってるんで、インパクトが薄れちゃうんですよ。原作にもそういう展開があるのはわかりますが、映画と原作は違うし、原作を材料としてるだけなのに、こういうところだけ忠実にやってもなぁーと。好意的に捉えると、前作やアベンジャーズの事件を踏まえて、こういう方式を考えたということなんでしょうけど、それならもっと別の描き方があっただろうしね。

それと、社長が『アベンジャーズ』での事件が原因でパニック症候群に罹り、それを克服していこうとするという展開も、前作で似たようなこと(病気を克服する、治癒する過程)をやっちゃってるんで、またかよ、なんて思ってしまうのです。

そう、ボクはやたらと前作のやり直しをしているように感じて、歯がゆかったのです。今まで築き上げてきた、映画のキャラクターとしての社長(=アイアンマン)を否定しているように感じたのです。実際は、来るアベンジャーズの続編に連なるようにリビルドしてるだけなんでしょうけれどもね。

敵側のエクストリミスも、最初はアイアンマンの敵としてはどうかなって思ったんですが、3回目の鑑賞時に、これはこれでアイアンマン的には相性の悪い敵なのでいいかなと思うようになりました。

ラストバトルは、なんでペッパーがおいしいところを持っていくねんって。彼女がそのまま仲間になるならいいですが、原作のように数十年という長い連載期間が経過しているならまだしも、今回の映画で、単独のアイアンマンシリーズとしては一応完結(ですよね)という中で、あの締め方はどうなんでしょう。それに、社長の公式が切っ掛けでエクストリミスは完成されたということで、社長が簡単に治せるっていうのも理解は出来ますが、映画的にどうなのよって思いますし。あっさり駆け足過ぎるだろ、おい。

恒例のエンドロールの後は大笑いしましたね。最初、バナー博士(マーク・ラファロ)とはわからなかったですよ。これなら、エドワード・ノートンを出してもよかったかもしんない(おいおい)。これ、RDJがアイデア出したらしいですねー。

ということで、可愛さ余って憎さ百倍というところなのかな。単体の映画としては面白いですし、これが前作だったら、もっと楽しめたと思うのです。でも、現実はそうじゃないんですよね……。

『アベンジャーズ』と比較してしまうと、台詞や行動での奥行き感の演出もなく、割とノッペリとしちゃってて、わかり難いけど『アベンジャーズ』の詰め込み過ぎ方に慣れちゃった身としては、物足りないんです。