読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

幻肢

ネタバレしていますが、この映画はネタバレしてても楽しめると思いますし、二度目の鑑賞の方がもっと楽しめるような気もします。






 素晴らしい映画でした。予告編から、あー、これは絶対好きになりそうな映画だなって、いつものように無自覚にハードルを上げてたりしたんですが、この映画はそれをあっさりと越えてくれたので、なんかただの一観客なのに嬉しいですよ、うんうん。

 主人公の、自身の現在の境遇に対する焦りから、恋人にいらない嫉妬をしてしまい、それが原因で恋人に別れを告げられることで暴走してしまい、文字通りそのときは車に乗っていたので、そのまま崖を直進して、恋人とともにあぼーん。したかと思いきや、自分だけが助かってしまいます。

 体に関してはリハビリでなんとかなりそうだけど、恋人といた一年間の記憶がバッサリと抜けていて、恋人の存在自体が思い出せません。

 そのことに主人公は鬱状態になり、リストカッターっぽくなったりしますが、友人亀井君の助言により、TMS(磁気刺激治療)装置の力を借りて記憶を回復するリハビリを開始します。しかし、そこで現れたのは死んだはずの恋人の幻肢でした。

 いやー、切ない。そして、主人公の友人の亀井君が凄くいいヤツ。献身的だし、主人公の身の案じを痛いほどしてくれるし。こんな友人が欲しい。

 主人公が目を覚ましたあと、恋人の存在を忘れてたことで、亀井君が「マジでマジで」って煩いくらいに尋ねてるのも、これ、かなり意味がある場面なんですよね。これが、後になって効いてくるんですよ。

 そういうことからも、全体的に丁寧に作られていることが伺えます。

 冒頭の佐野史郎による幻肢の説明は、もうちょっと短くした方がよかったとは思いますけどね。あれ、この映画の監督のお気に入りの場面みたいなんだけど。最初の掴みで重要な場面なんだから、あんなに長くしても、佐野史郎のあの演技では観客の気持ちを引き込むのは難しいと、ボクは思いますよ。

 最大の目的は、恋人役の谷村美月さんのオバチャン化振りを観察しに行ったのですが(オイ)、いやー、かわいかったなー。オバチャン化してるけど、彼女の演技力がないと、この恋人役は出来なかったでしょう。

 幻肢の虚像の役と、実際の生身の恋人役を、あまり二つの役が遠ざからずに、切り分けて演じられていたと思います。やっぱ、凄いわ、谷村美月さんは。

 主人公役の人も何気にうまいんですよね。表情の切り替えとか。淡々とした、静的な雰囲気で進めていく場面が多かったので、そこで感情の機敏を出すというのはかなり難しいことだと想像出来るのですが、ソツなくこなせていたように、ボクは見えました。

 結局、恋人は死んでなくて、事故によって主人公よりも重症で満身創痍だったのに、主人公に立ち直って欲しくて、亀井君経由でTMSによるリハビリの依頼を伝えていたのでした。

 事故の原因は主人公の暴走であり、恋人自身は巻き込まれただけなのに、主人公のことを第一に思う心遣いは羨ましい限りです。ボクも、幻肢でいいので谷村美月さんが出て来て欲しいです(←違うだろ)。

 TMSについても、主人公が幻肢に関する研究をしていて、TMSによる記憶障害の治療を考えていたというのを恋人は知っていて、それで依頼したっていうのもねー、泣けますねー。献身的だわー。谷村美月さんが恋人になって欲しいです(←間違ってるぞ)。

 主人公は、目の前にいる恋人が、自分の幻肢であるということを認識しているっていうのも、新しいなと思いました。こういう設定の場合、主人公は気付いていないってことが多いじゃないですか。

 主人公が幻肢バージョンの恋人と一緒に、思い出の喫茶店に行って会話を楽しんだりなんかしてるのも、周りから見たら罰ゲーム的な一人プレイなわけですが(主人公も一人プレイだとは自覚してる)、その場面がおかしくもあり、段々と切なさに繋がっていくのは、もう堪らなかったですね。

 主人公がやっと記憶を取り戻して、自分のしてしまった重大な過ちに押し潰されそうになったとき、生身バージョンの恋人は目の前に実物として現れるのでした。いや、ボクは、いつもはこういう安易なエンディングは嫌いなんですが、この映画に関しては、こうなって欲しかったって望んでいました。安易でもなんでもいいから。

 最後の最後、主人公と生身バージョンの恋人は寄りを戻して幸せそうにしていたんですが、主人公に聞こえる幻肢バージョンの恋人の声。そして、思わせぶりな佐野史郎の演技。これは、何かあるのだろうか。

 続編は、生身の谷村美月VS幻肢の谷村美月キャットファイトが繰り広げられそうで楽しみです(←ない)。