読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

劇場版 MOZU

ネタバレしてますし、disってもいますが、それはテレビシリーズを観たことがないからかもしれません。


 えっと、テレビシリーズは一度も観たことはないのですが、観に行ってきました。いえね、初めて予告編を観たときに、面白そうって思ったものでね、つい。テレビシリーズがあっての映画版とは知らなかったんですよ、最初は。

 テレビシリーズを観てないながらも、この映画を観ていてなんとなーくこういう物語なんですよねって思った内容をちょっと書いてみます。間違ってたり、頓珍漢なことを書いていても、責任は取りませんよー。

 主人公の西島さんは公安の警部で、いろいろとやらかして(テレビシリーズの内容でしょう)上から睨まれて、今は保護観察みたいな感じ。元相棒?の香川さんは、警察を辞めて私立探偵へ。

 西島さんは、以前に家族(配偶者と娘さん)を殺された?かして、そのことが精神にかなりきている模様。

 日本を影から支配している敵グループが、敵のボスであるダルマの延命措置のために、ダルマがそのために作りまくっている子供の中から、最も適合する子供を発見。その娘は日本にいたので誘拐しようとしたら、何故か西島さんがいて失敗。何故か香川さんがその娘を囲ったことから、実の娘と、公安の仲間である真木さんを拉致し、ペナム共和国へ。

 ダルマの娘と引き換えに人質交換としてペナム共和国へ向かう、西島さんと香川さんと公安の裏切り者の刑事さん。紆余曲折があり、西島さんと香川さんは別行動。

 西島さんはダルマに会うためにわざと捕まります。理由も述べますが、その後の行動がノープランだった模様。そこを長谷川さんが助けます。家族の死亡の原因がダルマにあることも知ります。

 で、また紆余曲折あって、香川さんチームはドジりながらも、松坂桃李池松壮亮と戦って死亡により、他力本願ながらも助かります。西島さんはダルマと会いますが、こちらも相手に手の内を読まれていて後手に回ってしまいますが、最後に頑張ってアジトである船を爆発させます。

 日本に戻ってきた皆さんですが、ダルマ達は生き延びていて、しかもダルマは完全復活。西島さんを追い詰めますが、長谷川さんの裏切りによってあえなくエンド。ちゃんちゃん。

 物語はこういう展開だったと思っています。

 ということで、疑問に思ったところ、え?って思ったところ、良いところ、悪いところを書いてみたいと思います。

◯台詞回しについて

 台詞回しが、棒読みというか、台本読み合わせみたいな感じというか、ロボットかよっていう感じなのはなんでやろう。一部を除き、ほぼ最初から最後までこうだったんですが、テレビシリーズもそうなんでしょうかね。初めて演技してますって感じの台詞回しっぽいというか。役者陣が下手でこういう形でしかできないんじゃないですよね。うまい役者さんが多いし、その他の映画とかではそんなことは感じなかったし。演出だとしても、意図というか理由が分からないです。

長谷川博己の役について

 ヒーロー物の敵の大幹部だったけど、裏切ってヒーローと共闘するっていう役という認識でよかったんでしょうか。あまりにも、主人公のことが好き過ぎるというか、ストーカーじゃんかよ(笑)。この役って、主人公のダークサイドっていうか、もう一つの主人公っていう立場なんでしょうね。長谷川博己さんの演技は、ハイテンションで良かったですし、松坂桃李さんとの危険な奴らの集いみたいな場面は面白かったです。

松坂桃李

 ハイテンションな演技、エキセントリックな演技をしたら、なんかその役者はうまいとかっていう評価をする人が多いような気がするし、役者自身もそういう勘違いをしてるよなって思うことが多々あるのですが、この映画での松坂桃李さんのハイテンションでエキセントリックな演技は素晴らしいです。アクションもこなせるし、これから期待の役者さんです。だが、ガッチャマンのことは忘れないぜ(←ボクは大好物ですけどねw)。

◯敵組織

 敵組織が、主人公グループの一歩も二歩も先を行ってて、それによって怖さがあるっていうよりも、主人公グループが一歩も二歩も勝手に後ろを歩いてるからそう見えるだけで、どっちも抜けてるよなって思いました。ラスボスであるダルマも、お前がそんなにノコノコ出歩いてもいいんかよって思ったし。その結果、やられちゃいますしね(笑)。ダルマの最後は、きちんと映像で見せてほしかったですが、もしかして続編も視野に入れてるのかなー。

◯怪我

 主人公もいろいろとナイフというか手裏剣みたいなもので刺されたりしてる割には、翌日くらいにはピンピンしてるし。怪我はなかったことになってるのかよ。

 こんな感じでちょっとdisっちゃったりもしましたが、スケール感もあるし、西島さんはクールでかっちょええし、松坂桃李さんは素晴らしいし、悪くはない映画だったとは思います。

 ただ、スケジュールなのか予算なのかは分かりませんが、手抜きが多いように見えた部分もかなりあり、そこを丁寧に潰していくだけでも、もっと良い映画になったような気がします。ペナム共和国の最初の場面でいきなり娘が拉致られてたりとか。あの雑な繋げ方のせいで、主人公グループがアホにしか見えなくなりますしね。

 最近の映画には珍しく、主人公ポジションの西島さんと香川さんが、至るところでタバコを吸いまくるのにもビックリ。レストランでタバコを吸うのはやめましょうね。