読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

「シッチェス映画祭」ファンタスティック・セレクション2015

映画鑑賞(シッチェス) disってます。 ネタバレ注意!!!

今年もやってくれました。元々全作品鑑賞の予定はなかったのですが、結果的に、白魔人以外を鑑賞しました。白魔人も鑑賞して、T−シャツゲットすればよかった(笑)。

 鑑賞した順番で、感想を書いていきます。

『ミッドナイト・アフター』

 中盤までは良かったんですが……。こういう投げっぱなしジャーマンな映画は大嫌いです。続編があるんかな、と思っていたら、計画しているみたいですね。今回は原作の途中までの映画化みたいで。そりゃ、投げっぱなしジャーマンな終わり方になるわね。

 デヴィッド・ボウイの曲が懐かし過ぎましたねー。それと、誰もいない香港の街はなんかとてつもなく冷淡な風景に思えました。それはかなり気に入りました。

『ハイエナ』

 『ミッドナイト・アフター』と続けての鑑賞でした。だーかーらー、こういう投げっぱなしジャーマンな映画はあかんって言ってるでしょ。商業映画なんやから、あとは観客の想像にお任せしますなんて、逃げなんですよ。詐欺でしょ。最後まで観せ切ってください。妄想なら、お金を払わなくても常日頃からやってますからね。

 主人公がどんどんとドツボにハマっていくというタイプの映画ですが、主人公の行動が間抜け過ぎて、そりゃそうなるよな、今までなんでそういう状況になれへんかってんって思いました。そこら辺りの作り方に、丁寧さがほしかったところです。

『ゾンビ・ガール』

 あまりゾンビコメディは苦手なんですが、ゾンビと聞くといてもたってもいられないという病気もあって(笑)、ついつい。及第点は超えてると思います。軽快なテンポは終始崩れず、手堅くまとめていると思います。監督がジョー・ダンテというのも、懐かしさ全開でした。

 まさかのアントン・イルチェンが主役でしたが、彼の演技力によるところも大きいかなと思いました。最初は、アントン・イルチェンに似てるよなぁ、でも、彼は出演しないだろうなぁ、別人だよなぁ、いやいや、でも、本人だよなぁ、って鑑賞中ずっと思っていました。

『忍者狩り』

 アクションは凄いっていうのは伝わるのですが、刀がボロボロ(要するにハリボテって分かる)だったり、突き刺してる構図なのに横からのショットを入れて突き刺してないのを見せたりとかっていう細部が雑なのと、映像の提示の仕方が物語の展開にしても映像的な面にしても、下手というか、観客にはどう見えるのかっていう視点が欠落しているように思えました。手抜きはダメではないですが、手抜きをして質が下がるのはダメでしょう。

 主人公の置かれている状況や感情がそれぞれ違うということは分かっていても、同じ展開(内容)のアクションを見せられ続けると、やっぱし飽きますよ。

 お話的には一人羅生門をしたかったんかな。この監督、過去にもこういう映画を製作してませんでしたっけ???。松田賢二さん主演で。

 そして、いつもよく見る洞窟でほぼ展開される話なんですが、ここしかロケ地はないんでしょうか。

 黒川芽以さんはエロかったです。なんか、彼女のファンになっちゃいそうですよ。555の映画で靴を売ってた(?)少女なんですよね。ドライブイン蒲生の経営者のヤンキー娘さんも演じられておりましたね。

『ウルフ・コップ』

 狼男への変身場面は良かった。それだけかなー。ラストバトルが、夜が舞台とはいえ、高校生が夕方過ぎにライトがないけど強引に撮影しましたって感じの映像になっていて、ショボさ全開になっていたのが惜しまれるところです。

 2012年の最初のラインアップはかなり楽しめたんですが(観てない作品もありますが)、年々、観たいと思う映画が少なくなってきてるんですよね。最初の年の『エヴァ』なんて、もう大好き過ぎてたまらないんですけどね。

 ということで、これまでのラインアップと、ボクが鑑賞したかどうかをまとめてみました。自分自身のために(笑)。

2012年 (全6作品中4作品鑑賞)
レッド・ステイト』 鑑賞 △
人狼村 史上最悪の田舎』 鑑賞 ◯
エヴァ』 鑑賞 ◎
『夜明けのゾンビ』 鑑賞 X
『恐怖ノ黒電話』 未鑑賞
『スリーピング ビューティー/禁断の悦び』 未鑑賞

 全作品観ていたような気がしてたんですが、錯覚でしたね(苦笑)。前述のように『エヴァ』が素敵過ぎてもうね。『人狼村 史上最悪の田舎』も楽しかったです。

2013年 (全6作品中6作品鑑賞)
『アフターショック』 鑑賞 X
『人類滅亡計画書』 鑑賞 △
『ロスト・ボディ』 鑑賞 △
『道化してるぜ!』 鑑賞 X
『恐怖ノ黒洋館』 鑑賞 △
『バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所』 鑑賞 X

 全作品鑑賞してました。この年は鑑賞作品毎にスタンプラリーサービスがあって、全作品を鑑賞したらなんかが貰えたんですが(失念w)、最終日に全作品のスタンプをコンプリートしたときには、既に景品が品切れで貰えませんでした。梅田ガーデンシネマ(当時)の店員さんに、もう景品ないんですよって。泣きましたね。

2014年 (全6作品中2作品鑑賞)
キョンシー』 鑑賞 X
『ボーグマン』 未鑑賞
『ゾンビ・リミット』 鑑賞 ◎
『パトリック 戦慄病棟』 未鑑賞
モーガン・ブラザーズ』 未鑑賞
『トランストリップ』 未鑑賞

 前年の作品群が個人的に気に入らないものばかりだったので、意図的に事前に観る映画を決めてました。『キョンシー』はかなり期待していたんですが、なんか煮え切らなかったよなぁっていう記憶があります。『ゾンビ・リミット』は、かなりの傑作でした。

2015年 (全6作品中5作品鑑賞)
『ミッドナイト・アフター』 鑑賞 △
『ハイエナ』 鑑賞 △
『ゾンビ・ガール』 鑑賞 ◯
『忍者狩り』 鑑賞 △
『ウルフ・コップ』 鑑賞 X
『恐怖ノ白魔人』 未鑑賞