読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

さらば あぶない刑事

かなりdisってるような気もしますが、観なくても良かったとかは思っていません。最後のネタバレも少ししちゃってます。




 映画としてはかなりお粗末でしたが、でも観終わった後味が微妙な感じになるのが「あぶ刑事」の映画だよなと、何故か心は納得していたというか、悪い感情はありませんでした。

 スカスカのお話に、主演二人のキレ(フィジカルじゃなくて、役としてのタカ&ユージの、って感じです)が以前ほどではなかったというのが、要因ではないかなと思いますね。

 菜々緒さんと吉川晃司との関係性ももっとお話に重みを持たせてもよかったと思いますし。あれではただの(映画のキャラクターとしては)犬死にではないですか、菜々緒さんの。

 悪役二人はよかったです。雰囲気もあったし。スペイン語も、その発音じゃスペイン語話者には通じないだろっていう具合も、だからこそよい意味でチープな「あぶ刑事」っぽい雰囲気の手助けになっていたと思います。

 ディーノ・カトウ役の夕輝壽太さんは素晴らしかったですね。彼の存在感が映画全体に染み渡っていたと思います。悪役がいいから、タカとユージも光るわけですし、吉川晃司も光らせていましたね。

 カトウとユージとのタイマンバトルで、まさかのMMAムーブを押し込んでくるとは思わず、ビックリしました。これも時代の流れですね。その前にあった、タカと吉川晃司の殴り合いは、昔風味の戦いで、それを踏まえての最新型の殴り合いということだったのでしょう。どちらの戦いも、相互に効果があったと思います。

 最後の暴力団との銃撃戦で、二人は殉職かっていうミスリードをしたかったのかどうかわかりませんが、(その少し前のユージの死亡フラグが消滅した時点で)観客の誰もが二人が死ぬなんて思わないし、どうやって切り抜けたのかは観たかったかなぁ。

 「あぶ刑事」の映画って(一作目から)、何故かテレビのノリをそのまま持って来ずに、昭和な映画の雰囲気に落とし込もうっていう姿勢を感じるのですが、別にそんなことしなくてもいいのになって思っちゃいます。

 とまぁ文句を言いつつも、寂しい終わり方でなかったというのが、ホッとしたというか何というか。オーストラリアで私立探偵をやる二人の物語は観たい、とは思いませんけどね(笑)。