読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

ヒメアノ~ル

映画館鑑賞(新作) disってます。

凄い映画でしたが、ちょこっとdisっちゃったりもしています。




 原作未読です。というか、原作がどんなものかも全く知りません。この映画が公開されるのを知ったのもつい最近で、映画館でポスターが何気なく視界に入ったのと、タイトルが面白いなと思ったこともあって、頭の片隅に残っていただけでした。予告編すら観たことありませんでした。

 ツイッターのTLでは何気に評価が高いということや、ホラー映画という記述もネットで読んだこともあり、「あのタイトルが面白い映画か、ちょうど映画の日だしな」ということが重なって突撃してきました。

 凄い映画でした。観るのにかなり精神力を使いました。もう当分は観たくはないです。映画がつまんなかったからという意味ではありません。今のボクには、もう一回観る気力がありません。それほど、心に重い何かが乗っかりました。

 役者陣が特に凄かったというか。優柔不断、キ○ガイとか、イライラする人物を皆さん好演していました。主演の人はジャニーズらしいですが、いいんですか、あんな役やって。しかも、演じてるというよりかは、素を曝け出したって感じがするんですが(笑)。もう、アイドルには戻れないんじゃないですかって、他人事ですが心配してしまいましたよ。

 ただ、小道具面の失敗が足を引っ張っていたと思います。主人公二人が再会して居酒屋で飲む場面で、せっかく生温くなったビールであの空間や人物関係を表現しているのに、場面によってそのビールの量が違ったりとかして、映画の世界観に没入することを妨げてくれたんですよね。一つの場面でたくさんのカットを撮ったとは思うのですが、その弊害か、それらの繋ぎ方が雑な面が見えてしまったりとかも多かったように思います。

 この映画って、雰囲気というか、映画の世界に引き込むという手段もかなり重要なものだと思うのですが、そういう細かいミスで現実世界に戻らさせられてしまうのはかなり残念です。気にするポイントが違うだろって言われればそうなんですが、気になったらずっとそこに注力しちゃうのは仕方がないじゃないですか(泣)。

 原作もそうなのかどうかわかりませんが、警察の扱いをかなり間抜けに描いているのも、興醒めしてしまうポイントではありました。あと、登場人物の危機管理能力のかなりの低さとか。

 あれ、結構disってしまってるけど(笑)、凄い映画には違いありません。あ、主演のジャニーズの人、この映画での風貌が岩城滉一に似てるなって思いました。