悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

微妙にネタバレしてますし、微妙にdisっています。




 劇場の問題もあるとは思いますが、3Dは画面が暗過ぎました。どうしても3Dで観たいという方は、IMAX 3Dなどを選択してください。ただ、3Dの意味、効果はあまりないので、2Dで十分だと思います。

 前作の内容をほぼ忘れた状態で鑑賞に臨みましたが、前作はおさらいしておいた方がより楽しめるでしょう。

 続編の宿命ではあるのですが、前作にかなり引きずられているのが、この映画の爆発力を奪っていたと思います。また、群像劇の弱点である視点の複数化も、物語の展開を軽いものにしてしまっています。

 そして、どこかの映画であったような設定だなとか、展開だなっていうものの盛り合わせになってしまっており、この映画の売りというものが「前作の続編である」というものだけに陥ってしまっていたのは意図的なんでしょうか。

 敵側の宇宙人に滅ぼされた別の宇宙人の協力によって撃退するっていう展開を否定はしないですが、もっと人類の叡智や卑怯な作戦で倒すという展開を個人的には期待していたということもあり、ノレなかったのかもしれません。

 ドンドンバンバンだけを楽しむんだとかなり割り切って鑑賞に臨めば、料金分程度の満足感は得られるのではないでしょうか。

 元大統領の娘役の人を何かの映画で見たよなってずっと思っていましたが、『イット・フォローズ』という映画でイットさんにストーキングされてた主人公の方でした。あの映画よりかは、本作での方が美人に撮られてましたね。

 中国人パイロット役としてアンジェラベイビーさんも出ておりましたが、登場時は美しかったですが、だんだんと……。あ、いえ、個人の感想です。

 前作も、ジェフ・ゴールドブラムがなんだかんだいって主人公だったような気がしますが、今回もなんだかんだいって主人公だったような気がします。

 フィクトナーさんが、まさかの大統領になるとは(笑)。いやー、出世されましたねー。つか、シャルトッロ・ゲンズブールが出ておりました。いやはやお美しい。