悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

たかが世界の終わり

かなりdisっていますね。すみません。


 題名に惹かれて(予告編も面白そうだったし)鑑賞しましたが、私には全く合わない映画でした。こういう、あんまし中身もない、大した答えも持っていない映画を、映画的な技法でさも高尚かのような仕上げにして、映画ファンを惑わす、げふんげふん、映画ファンに提供するっていうスタイルは嫌いではないのですが、それにしても浅薄すぎたというか。

 「いや、お前が理解できなっただけだろ」って言われてしまうと、「はい、そうです」となっちゃいますけどね(笑)。言い訳すると、理解できなかったというよりも、理解したいとも思わなかったということです。この映画を楽しめないなら映画ファンじゃないよって言われるのなら、私は甘んじて受けますよ。別に映画ファンっていうカテゴライズが自分にとって必要なわけでもないし。

 最近、この映画のようにメインの登場人物にリアルなキチ◯イが登場する映画(この映画はメインの登場人物の半分以上がキチ◯イですけどね)は苦手になってきているんですよねー。中身がなくても、スッキリサッパリとしている映画が今の自分には合う映画なのかなー。中身がないことが悪いわけじゃないしね。中身が詰まってようが、詰まってなかろうが、自分にとって面白いか、面白くないか、これが大事なわけなんです、私にとっては。

 この映画を観終わって思ったことは、たかが(自分の)世界の終わりなのに、他人を巻き込むのはよくないよな、っていうことです。