読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

アサシン クリード

映画館鑑賞(新作) disってます。

期待の裏返しはdisることと覚えたり。



 期待してたんですけどね。予告編を観て面白そうって思ってたし。なんだろう。全てにおいて歯切れが悪いと感じてしまいました。ゲームはしたことがないので、どういう形で映画化されたのかはわかりませんが、ゲームというか、世界観や設定は知ってて当たり前という前提で作られたような気もするし、そうじゃないような気もするし(笑)。

 今回の映画の中で重要視されている「エデンの果実」というものがどう凄いのかっていうのを、きちんと映画の中で提示しきれていないというのがあかんかったのかなぁ。だから、あんまりのめり込めなかったというのもあるのかも。

 主人公も悲劇的な過去があったとはいえ、そこから堕落して殺人まで犯して死刑執行されるまでになってるという設定も、主人公に感情移入できないように作っていると捉えられても仕方がないように思います。殺人について「だって相手はポン引きだぜ?」って言うような主人公はダメだよね(笑)。

 アサシンの皆さん、特に過去のアサシンの皆さんですが、日夜血の滲むような特訓をしてアサシンになられたんだと思うのですが、相手がテンプル騎士団とはいえ、かなりサクサクとやられてしまうアサシンさんを見せられて、相手は大勢だったというのもあるし、リアルな描写なのかもしれませんが、凄みがないというか、もうちょっと映画的な嘘をついてもいいんじゃないのかなぁって思ったり。

 この映画だけではないですが、血の滲むような特訓をして強さを手に入れても、リアルな描写という設定の弊害か、相手は普通の人でも何人か集まって来られたら劣勢になってしまうという描写って、全く意味がないように思うのです。そういう映画を観ると、そこにセガールやドニーさんを投入したいと思ってしまって、映画に集中できなくなるんですよ!!!