悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

ダイバージェント FINAL

映画のネタバレじゃなくて、原作のネタバレをかましてしまってるかもしれません。

 

 

 前作の内容をあまり憶えていない状態で観ました。それでもシリーズの中では一番楽しめました。ただ、シリーズを一度も観たことがないという人は、お話自体に付いていけなくて、楽しめないように思います。前作だけでも事前に観ておけば、すんなりと本作のお話には入っていけると思います。

 原作を前後編に分けて映画化したみたいですが、どうやら本作が本国でコケてしまって、後編の製作が立ち消えてしまったみたいです。ただ、本作は続編を作る気満々だなっていう終わり方ではありますが、これはこれで終わりでもいいのかなという締め方でもあります。一応の脅威みたいなものはなくなったと思われますしね。評議会が攻めてくるとも思えないし。って、こういう映画って、管理社会、監視社会、評議会とかっていう設定が大好きだよねー。

 前後編に分けて公開するのは百歩譲っていいとしても、撮影は一緒に終わらせておくべきですよね。こういう事態になって一番被害を被るのは、ファンですからね。

 シェイリーン・ウッドリーの演じる役が主人公ではありますが、本作ではテオ・ジェームズの演じる役がどちらかというと主人公っぽいです。まぁ、最後のおいしいところはシェイリーン・ウッドリーが掻っ攫っていきますけどね(笑)。原作では、シェイリーン・ウッドリーの役が殺されてしまうらしいです。また、本作は原作とかなり変更されているようで、そういった影響もあったのかもしれませんね。

 テオ・ジェームズはかっちょいいんだけど、どうも永遠の二番手に甘んじてるようで、そこがもどかしい。