悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2018©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

長江 愛の詩

ネタバレしていませんし(というかネタバレできるほど理解できておりません)、disってもいません。

 

 

 鑑賞予定にはなかったのですが、この映画の後の時間に上映される映画を鑑賞するために映画館に赴いたのですが、かなり時間が開くのでどうしようかと思っていたところ、たまたま本作の上映開始時間にタイミングが合ったので鑑賞しました。観てよかったー。

 予告編は観たことがあるのですが、これ、予告編詐欺っしょ(笑)。予告編からは、なんとなくラブストーリーなのかなって思ったのですが、広義ではそうなるでしょうし、根底にはそれが流れていますが、実際には雰囲気系のホラー映画というか。いや、全く怖くはないんですけどね。幻想怪奇小説が好きな人は気に入るんじゃないかと思います。

 いやー、マジで全く意味が分からん。けど、面白い。そんな映画です。映像もシンプルに美しいという感じではなく、儚い脆さから生まれる美しさみたいな感じで、なかなか珍しいなという印象です。

 この映画の真の主役というもいうべき、あの船にも乗ってみたいと思いました。なんか、ボロさが凄くいい感じなのですよ。

 ゴダールの映画(商業主義映画からの決別前くらいの時期)の味わいもあると思います。この映画を観ていて思ったのですが、ゴダールの映画にグロを混ぜ合わせればルチオ・フルチの映画になるし、ルチオ・フルチの映画からグロを抜き取ればゴダールの映画になるよなぁと。