悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2018©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

THOUSAND EYES ”Day Of Salvation Tour 2018” 大阪公演

 アメ村のBigtwin Diner SHOVELで行われた、千眼の3rdアルバム『DAY OF SALVATION』のレコ発ツアーの大阪公演に参加してきました。

 THOUSAND EYESを聴く切っ掛けは、TEARS OF TRAGEDYのリーダーでギターのTORUさんが参加されているバンドということと、TEARS OF TRAGEDYの曲にも参加したDOUGENさんがボーカルであるということでした。で、「Day Of Salvation」のMVが公開されたので興味本位で観たところ衝撃を受けた次第です。

 3rdのCDを買ってからは、毎日、そればっかり聴いてるような状態です。最初に聴いたときは、ギターはかっこいいし、曲も悪くはないけど……という感じでした。しかし、翌日には、もう脳内に曲が勝手に再生されてしまうような状態になり、今に至ります。久々のスルメアルバムだと思っています。ツインリードというか、ツインギターが大嫌いだった私が気にいるなんて、本当に不思議です。

 そして、そんなにお気に入りになったアルバムを作ったバンドのライブが大阪でもあるなら行きたくなるのが人情ではないですか。会場のBigtwin Diner SHOVELは、名古屋の今池3STARを一回り小さくしたような感じでたが(何故か私の中では今池3STARが広さを測る基準となっているのであーるw)、満員御礼のようで熱気が凄かったです。

 後方でのほほんと堪能しようと思っていたのに、何故か2列目くらいに陣取ってしまい、しかも、皆さんオープニングから頭を振りはるので、自分も釣られて振ってしまったじゃないですか。どうしてくれるんですか、脳が揺れてるし、首が痛いじゃないですか。(←自己責任だろ)

 演奏は勿論素晴らしかったし、KOUTAさんはかっちょ良過ぎたのですが、音がでかかったということもあるのか、KOUTAさんのサイドにいたからというのもあるのか、右耳がほぼ死亡です(KOUTAさんはステージ上手側)。そして、場所の問題でもあったようですが、TORUさんのギターがあまり聴こえなかったんですよねー。それと、KOUTAさんのギターの音の調整を何度かやっていたみたいですが、最初のバランスが一番よかったように思います。

 私は3rdの曲と、初回限定で付いてたDVDで演奏された曲しか知らない状態でライブに臨んだのですが、途中、頭がぐるんぐるんとして、特に1stと2nd(3rd以外)の曲をきちんと捉えることができなくなったりしてしまいました。一部分だけではありますが、音全体がだんごになってしまったように聴こえたのです。一時的な体力の低下に伴う集中力の散漫と、音圧に耳が負けてしまったことが原因だと考えております。この反省を次回のライブ参戦には活かしたいと思います。

 次回の大阪公演は、6月10日の日曜日に福島LIVE SQUARE 2nd LINEで、Mardelasとのツーマンでとなります。勿論、参戦する気満々ですよ。6月9日には今池3STARでもライブがあるので、そちらに参加しようかな、とも思っていたり(笑)。最後に余談ですが、TORUさんは開演前は髭を生やしていて、千眼のライブはTEARSよりワイルドな風貌でいくのかなって思ってたら、本番ではきちとんと剃られていたことを報告して終わります。