悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2018©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

「WRESTLE-1 TOUR 2018 TRIUMPH」5.2大阪・東成区民センター大会

 行ってきました。最初に書いちゃいますが、前半は良かったんですよ。でも、後半の試合がgdgd。何か、印籠的な感じで、これぞWRESTLE-1のプロレスだって思わせるような試合がなかったように思います。これぞWRESTLE-1っていう試合がどういうものかは、私にも分かりませんが(笑)。

 第1試合のアレハンドロVS頓所隼の対決ですが、この二人は手が合うのか、なかなかいい攻防で楽しめました。頓所選手は今のスピードを落とさずにもう少し体の厚みを増せば、クルーザー級を引っ張っていけるような選手になるんじゃないかなと思ったり。アレハンドロ選手は、メキシコ修行が本当に身になったんだなぁと、何故か遠い目になっちゃいます。

 第2試合は、立花誠吾&ドランク・アンディのEnfants Terriblesから追い出されそうな感じのタッグチームと、三富政行ダイナ御堂のチームの対決。立花選手は、キャラの確立のさせ方が素晴らしい。しかも、結構試合巧者だったりするし。まだそんなにキャリアはないのに(3年目くらい?)。三富選手と御堂選手は呼吸が合わない箇所が幾つかあったけど、立花選手のかき乱し振りに助けられた感じ。

 第3試合は、木村花VS朱崇花の対戦。前回の後楽園ホール大会で、タッグとは言え朱崇花選手にフォール負けした木村選手はリベンジに燃えており、それが試合にも燃え移って、熱闘になりましたが、朱崇花選手が木村選手を返り討ちに。まだまだ実力差があるのがハッキリと分かる試合でした。朱崇花選手は女子の選手としては大きな体ですが、動きが良くて素晴らしかったです。木村選手も悪くはないのですが、今回はガムシャラさが裏目に出たように思いました。

 第4試合は、社長(でも代表取締役ではないよ)のカズ・ハヤシ&タナカ岩石VS守屋博昭&上野友暉のタッグマッチ。守屋選手は関係者(敢えて客とは書かない)を会場に連れてきてくれるから接待してるんだろうけど、それを客に見せてどうするのって言いたい。私はプロレスを観にきたんであって、プロレスファンのじゃれ合いを見にきたんじゃない。それもプロレスというなら、私はいつでもプロレスファンを辞めるよ。しかも、未来のあるタナカ岩石選手を負けさせるなんて。情けないよ。上野選手は良かったです。

 この試合でテンションがダダ下がりました。折角、前の試合までで会場をかなり温めていたのに。何をしてくれとんねんって感じです。もう、守屋選手はWRESTLE-1のリングには上げないでほしい。せめて、カーベル伊藤選手くらいじゃないと。って、守屋選手と比べたらカーベル伊藤選手に失礼ですね(と、ここでヨイショしておこうw)。

 WRESTLE-1の会場ではお美しいリングアナの櫻田愛美さんが、休憩は10分程度ですとか言ってたのに、木村選手のサイン会で並んでる人が多くて、その処理(じゃなくて対応ですよねw)に手間取ってか、30分近くの休憩だったような気がします。

 第5試合は、黒潮“イケメン”二郎&土肥孝司&吉岡世起の元NEW ERAと、芦野祥太郎児玉裕輔熊ゴローのEnfants Terriblesの対決。イケメン選手の入場は楽しい。けど、試合は場外戦が多かったり、芦野選手がプロとは思えない感じで客に絡もうとしたりと、なんか後味悪い展開。彼らならもっとクオリティの高い試合ができるはずなのに。お茶をかなり濁された感じ。ところどころおっという場面があるからこそ、余計にそう感じました。土肥選手と熊ゴロー選手はどうなっていくのでしょうか。

 メインイベントは、征矢学&近藤修司河野真幸NOSAWA論外&MAZADAのベテラン組と、アンディ・ウー&伊藤貴則&佐藤嗣崇&K-ness.ビリーケン・キッド組の対戦。こちらも、場外戦が多かったりで、リングいらねーじゃん状態。メインまでの試合が盛り上がらなくても、メインが良ければ全て良しになっちゃうのがプロレス興行だと思うのですが、結局、この試合も盛り上がらないまま。若手の佐藤選手をよってたかっていじめてるだけのようにしか見えず。佐藤選手は結構デカいから違和感ありまくり(翻弄しているっていう感じじゃなかった)。しかも、どこかの木偶の坊のように動きが悪いってわけでもないし。これから期待大ですが、WRESTLE-1で成長できるのかどうか。全日本プロレスに来いよ、なんて言っちゃいそう(笑)。

 WRESTLE-1だけじゃなくて、全日本プロレスもそうですが、大阪に来たからといって、大阪で活動しているプロレスラーを上げなくてもいいと思うのです。まぁ、チケット売ってくれたりとか、営業関係もあるんでしょうけど。私は、WRESTLE-1全日本プロレスという団体の興行を観たいのであって、大阪で活動しているプロレスラーの試合を観たいわけじゃないんですよね。提供試合で1試合くらいなら問題ないですが、諸々と絡んでくるのは勘弁してほしい。昔、大阪プロレスは大好きでしたし、観にも行きましたが、それは大阪プロレスだからこそ楽しめたのであって、別の団体でそれを観たいわけじゃないんですよ。

 今回は、ごっつ楽しみにしていただけに落胆も大きいです。こんなクオリティの低い大会しかできないのが、今のWRESTLE-1なんだろうか。