悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2018©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

リディバイダー

微妙にネタバレおよびdisっています。

 

 主演のダン・スティーブンスは『ザ・ゲスト』で初めて知ったのですが、醸し出す雰囲気がよかったことから、ちょっと注目している俳優さんなので、観に行ってきました。

 なかなか不思議な余韻というか。全体としては、まとめ方が下手だなとは思いましたし、主人公(ダン・スティーブンス)の気持ちみたいなものが空回ってしまってるような印象を受けたりと、映画自体の出来としてはよくはないなとは思うものの、なんとなく心の本当に隅っこにさり気なく残ってしまったような映画でした。

 この映画、丁寧に作られていると思います。しかし、その丁寧さ故にか、荒というか、何も考えてないやろうっていう部分も目立ってしまったのではないかと思います。

 POVというかFPS視点が多いので、折角のダン・スティーブンスの無駄使いのような気がしました。また、ダン・スティーブンスの露出の少なさを補うためでもあるのでしょうが、回想場面をバンバンと入れてくるんですが、これは物語の停滞感をなくすという意味と、主人公の気持ちを徐々に観客に提示していくためなんでしょうが、なんかチグハグさが出て、テンポが悪くなってしまったかなと思います。

 エコー側に行ってからのお話も、ドローンとかに襲撃される、逃げる、また襲撃される、逃げるとかの繰り返しで、主人公が何を目的に行動しようとしているのか、それとも単に状況を回避するだけで精一杯な状況を見せたいだけなのか、よく分かんなかったんですよね。

 主人公には妹と甥がおり、どうやら甥に問題(?)があるらしく、お金が入り用だったみたいですが、それが具体的にどういうものかが分からなくて、主人公の決断に最初から置いてけぼりを喰らってしまってしまいました。

 エコーに着いて最初に主人公を追い詰めるマイケルさんが、あっさりと主人公を信用?して一緒に行動するようになるのもアレレだし、主人公をスカウトした女性も、敵なのか味方なのかよく分からないし、最後には主人公を銃で撃ち殺してしまうし。

 主人公がエコーに降り立ったとき、壁に描かれた文字が反対になっていたのでエコーに着いたと確信するのですが、テレビとかに映ってる文字は特に反対になってるわけでもないし、そのエコーにある耳に装着するタイプのサポートAIみたいなもん(ごめん、どう書いていいか分からないw)の表示も正常だし。

 エコー側の人が左利き(銃を持つのが左手が多い)とかで、これも地球が反射された影響を出してるんだろうなぁと思いつつ。でも、コピーと反射(ミラーリング?)は違いますよなぁとも思いつつ。原語ではどう言ってたのかなぁ。

 エコー側の人も、自分達がエコー側だと分かっていたようですが、それでああいう行動に出るのかと考えると?マークしか出ないですし。

 エコー側で、死体がたくさん出てくる場面があるのですが、どうも死体がマネキンにしか見えなかったのですが、それが逆にちょっと不気味でした。

 なんか書いてたら、いつものとおりにdisってばっかりになってしまいましたが、暇つぶしにはなる映画だと思います。観る人は選びそうですけどね。白黒ハッキリ付けろというタイプの方にはオススメできないかなぁ。