悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2019©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2019©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

散り椿

ネタバレはしてます。

 


 岡田准一がチャンバラアクションするっていうなら、観に行くしかないでしょう。チャンバラアクションの場面は、映画の全体量からすれば少なかったですが、それぞれは素晴らしいものでした。「殺陣」にクレジットされた中に、岡田准一もいたんですよ。これはもう信用するしかない案件です。撮影も一部やってるらしいことからも、岡田准一のプロモ映画と言っても過言ではありません。

 映画自体は、時代劇風の時代劇というか。所謂トンデモ映画です。静かに、人の情景を描きながら展開していくので、トンデモ映画とは思われにくいかもしれませんが、随所にツッコミどころ満載です。もうすぐ平成も終わりだいうこのご時世に、昭和な時代劇な雰囲気を醸しているというのに、中身はバリバリの平成というこの映画、最高でした。私は大好きです。

 一応、今の日本の役者さんの中でうまい人を揃えていると思うのですが、なんか下手というか、棒読みというか。でも、それが段々と慣れてくるのが怖いところです。池松壮亮もこんなに下手だっけと思いましたが、彼の演技自体が時代劇に合わないのかなー。

 

 ラストバトルは、岡田准一西島秀俊が親友だった頃の絆を取り戻し(というか再確認したかな、予告編の二人の椿の前の決闘がそれです)、ラスボスである奥田瑛二のところにかちこみます。剣豪という設定の二人は、モブやられキャラを簡単に屠っていきますが、調子に乗りすぎたのか弓矢の攻撃にあっさりと西島秀俊がやられちゃいます。岡田准一はキレてスーパーサイヤ人化。残りのモブやられキャラを軽く屠り、ラスボスを殴りまくって喉を掻っ切って終了。欲を言えば、もうちょっとラストバトルを長くしてほしかったところです。

 ラスボスにたどり着く前に、ちょっと強そうな人が出てきて、刀をぶるんぶるん振り回していましたが、これまたあっさりとやられるのは、よかったのか悪かったのか(笑)。『96時間/リベンジ』でいうなら、ラスボス前のあの強いおっさんがザコだったみたいな感じです。ちょっとここで長めの激闘があるのかと思っちゃったじゃないですか。

 続編があるなら、今度はもっともっと全編チャンバラアクションに振り切って、岡田准一がどんどんと斬りまくる映画にしてほしい。というか、それを観たい。

 あ、そうだ。別の映画館で観た予告編に比べて、私が鑑賞した映画館では画面の発色が悪いし暗かったんですが、これは本編がもともとそうだったのか(フィルムプリント時代は映画館や時期によってそういうのがあったり)、本編と予告編のミックス(音楽用語だ、それはw)が違ったのか、それとも映画館側の事象だったのか。どうなんだろう。