悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

ヘルレイザー:レベレーション

※いつものようにdisってます。

 

以前のヘルレイザーシリーズは、一作目を観たことがあるかどうかすら記憶が曖昧程度の予備知識(とは言わないか)しかないにも関わらず、観に行ってきました。今回は、今までとは別に新たなシリーズらしいし、別に以前の映画を観てなくても大丈夫だろうと思っていたのですが、魔導士(セノバイト)の設定とかは知っていて当然だよねっていう部分はあったりしたので、せめて一作目は観ておいた方が、より理解出来たのかなぁと思いました。

実は、ベルセルクの元ネタになっている部分があると聞いて興味が湧いていたのですが、なかなか以前のシリーズを観る機会がなかったのですが、今回の映画を観て、魔導士の方々のコスプレとか、パズルボックス(これがベヘリットになるわけですか)とか、「元々お前の物だよ」なんていう台詞から、なるほろ、これが、ベルセルクの蝕というか、ゴッドハンドの元ネタかぁという確認は出来ました。

映画は、POV形式も取り入れつつ、わりと時系列をいじったりしながら、実はしょぼいストーリーを面白くしようという意気込みは感じましたが、如何せん制作側にセンスがないというか、同じような画が多くて、時間がなかったんだろうなぁとは思いつつも、あまり効果的には感じませんでした。

魔導士のリーダー(なのかな)のピンヘッドさんが、一作目のピンヘッドさんと比べると、新人の使いっ走りにしか見えなかったのも残念なところでした。威厳とか風格とか、そういうもんがないんですよねー。これがあるだけでも、この映画はかなり引き締まったと思うだけに、ミスキャスト或いはミスメイクだったのは、かなり痛い大きなマイナスポイントだったのではないでしょうか。