読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

メイン・イン・ブラック3 3D

※少しだけのネタバレと少しだけのdisり要素から感想は出来上がっております。



映画の日ということと、3Dだっていうことで、1はテレビで観たけどあんまし憶えてなくて、2は観た記憶がないってほどのMIB初心者だったのですが、前作とかを観ていなくても楽しめるという話も聞いたので行って来ました。

で、どうだったかっていうと、楽しめました。別にこれまでのものを観ていなくても、この映画単体だけでも楽しめます。1と2を観ていたらもっと楽しめたんとちゃうかなぁーと思います。

びっくりしたのが、宇宙人ジョーンズの老化です。年齢的にもしゃーないとは思うのですが、あの黒スーツを着た宇宙人ジョーンズは、1作目のイメージのまま止まってますからね、僕の脳内では。だから、余計にびっくらなんですよ。

今回は、ウィル・スミスが過去に戻るというお話なので、宇宙人ジョーンズの過去の中の人は、ジョシュ・ブローリンに代わるんですが、それがまたねー、あぁ、この人が歳取ったら宇宙人ジョーンズになるよなぁって感じでねー、よかったですわー。だからこそ、余計に宇宙人ジョーンズの老化を激しく感じたのかも……。

この映画は一応大作扱いで、お金がかなりかかっているとは思うのですが、その割りにはこじんまりとした内容で、3Dにした意味もわからないという、無駄金遣ったなって思ってるんですが、それもまた一興っていう制作側の余裕バリバリ感が画面から滲み出ていたのは、やっぱり大作という証左でしょうか。

タイムトラベルものなのですが、あんましこの映画の方向性には合わないチョイスだったような気がしますが(色々と詳細と詰めるのはこの映画のスタイルではないと思います)、最後の唐突なしんみり大作戦に、おいおい、これならもうちょっと豪快にあのキャラを強引にもっと前から出しておけよとdisりながらも、ちょっとしんみりときたのは内緒です。

この映画を観た後は、1作目を見返したくなりますよって言われたんですが、その通りですねー。あのラストを見せられたら。

頭を空っぽにして、ぼけぇ〜っと楽しむにはよい映画だと思います。