悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

2012年上半期トップテン

去年の後半から、なんか急になんですが(いや、関西映画クラスタオフ会のメンツが悪いんだ!!!)、昔のように映画館で映画を観たい病を患ってしまいまして、映画館に通うようになっちゃったんですが、急に観る本数が増えてしもうて、何を観たのか自分でもさっぱりわからないようになったので、今年からは密かにメモるようになりました。メモる理由っていうのは、映画館によって一番観易いポイントが違うので、それを記録しておこうっていうのが発端だったんですけどね。

 

で、今年6月末時点で111本の映画を映画館で観たことになるようです(新旧合わせて)。いやー、ガクブルですよ。この調子でいくと年間200本超えるじゃないですか。

 

数を観たからどうだっていうことはないですし、事実、今の時点で憶えてない映画もありますので、今年後半はもう少し吟味しようかなとは思っています。

 

上半期のトップテンですが、僕のことなので日替わりメニューですが、2012年12月末の僕の為の参考として記しておきます。

 

  1. サニー 永遠の仲間たち : 久々に震えました。痺れました。そうだよ、この感動を味わいたいから、映画を映画館で観たいんだよ。って思い出させてくれました。ありがとう。
  2. 核の傷:肥田舜太郎医師と内部被曝 : これも心の奥底に沈めたものを掘り起こされたというか……。今の僕には刺激が強過ぎたかもしれません。
  3. 青い塩 : 『サニー 永遠の仲間たち』と同じ製作会社の映画ですが、この製作会社は僕の映画のツボを知ってるのかって思っちゃいましたよ。
  4. 幸せへのキセキ : 全く期待していなくて、TOHOの日で料金が安くなるので観ておこうって思った程度だったのですが、やられました。
  5. アベンジャーズ予告編3D : 最高でしょ。
  6. REC/レック3 ジェネシス : 主人公二人の夫婦の絆に泣きましたよ。
  7. プレイ-獲物- : 主人公のおっさん、ごっつタフやわ。
  8. ヴィダル・サスーン : もうちょっとヴィダル・サスーン氏のテクニックを映像で観たかったなぁ。
  9. 春、一番最初に降る雨 : 映画としての出来映えは残念だけど、雰囲気は大好きです。
  10. トロール・ハンター : ハンターのおっさんがかっちょえぇんですわ。
  11. ビーストリー : これも映画としての完成度はどうかと思うのですが、何故か愛おしい(笑)。

 

とこんな感じですかねー。まさかね、6月に観た映画の中で、『アベンジャーズ予告編3D』を超える映画が4本も出現するとは思いもよりませんでした。『サニー 永遠の仲間たち』はパンフレットは買うし、サントラ(スコア)のCDは買うしで、恐らく、オールタイムフェイバリットに食い込むかもしれないなって思います。当然、DVD出たら買いますよ。

 

※『プレイ-獲物-』が抜けておりました。すみません……。