悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

アパートメント:143

※短い感想ですが、ネタバレしています。



ノーマークだったのがよかったのか、大変面白く楽しめました。僕が事前情報で知っていたのは、POVのホラー映画というだけでした。

臨場感が素晴らしくて、それは最後まで途切れませんでした。メリハリの付け方もうまく、ちょっとお話が落ち着きかけると、霊現象を挟み込み、興味を持続させるという手法を確実に盛り込んでいて、手堅くて丁寧な作りに好感を持ちました。

手堅い分怖さは若干薄くなってしまうのは仕方がありませんが、その分をアトラクション的なビックリ描写でカバーしたり、人間の怖さというもので代用したりと、色々と手は打っているなという印象があり、手堅さをマイナスにはしないようにしようと意識している辺りも好感を持ちました。

霊現象は、ポルターガイストでしたという設定の為か(実はそうではないかもっていうのは最後の最後に提示されますが)、音でビックリさせるということが多くて、若干飽きかけてきますが、その辺りの工夫をもう少ししてくれれば、もっと衝撃度は高かったかもしれません。

POV形式ではあるのですが、普通の映画の作り方からPOVに落とし込んでいるって感じで、POVのいいとこ取りっぽいようなやり方の一つの最適解ではないかな、なんてことも思っちゃったりして。

わけわからへんかったんが、中盤から終盤にかけて出てくる霊発見装置(?)なんですが、これに終止モザイクかかってるんですよね。なんか、最後にその意味でもわかるんかなって思ってたら、全くのスルーだったし。あれは、一体なんやったんやろか。

ほんまにね、フェイクドキュメンタリーってどんな感じの映画?って問われれば、僕はこの映画を挙げますね。っていうくらいの出来の良さですよ。