読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

フライト

超ネタバレしてます。



飲んだら乗るな。飲むなら乗るな。

この映画に、「Feelin' Alright」っていう曲は確かに合ってると思う。

で、最初に、ジョー・コッカーのバージョンを流すのはいい。序盤に使うと、いい感じで脳内がリラックスするように思うし。

そして、最後のエンドロールで流れるのは、トラフィックのバージョンの「Feelin' Alright」だった。このトラフィックのバージョンが本家だし、トラフィックのバージョンも勿論素晴らしいので、映画で使うのに異論は全くない。

だが、しかし、だ。

どうして、作った人、デイブ・メイソンのバージョンを流さないんだ。特に、情念のライブバージョンの「Feelin' Alright」をなんで流さないんだよ。このバージョンのデイブ・メイソンの情念のギターソロが、一番この映画にマッチしてるだろうがー。

ぷんぷん。