読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2016©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

正しく忘れる

久々に全開でdisってます。



 正直、別の映画を観ようと思ってのついでだったんですが、別に観なくてもよかったですね。この映画を観たことを、正しく忘れる方法を誰か教えてください。

 いきなり、dis全開ですが、もうこういう資源ムダ系の映画は勘弁して欲しいですね。エコな世の中を目指してるはずなのに、こんなんで資源をムダにしてどうするんですか。って、偽善者になってでも吠えたいくらいです。

 一番気に食わないのが、映画的な野心が悪い方向に進んでるというか、簡単に言うと、映画ファンというか、映画マニアが話題にしてくれそうなカットを撮って、この映画は素晴らしいんですよってアピールするその性根です。

 そういうカットを組み込むことによって、映画の焦点がブレてるのに気付かないというか、製作側がそういうのに元々興味がないっていうのがバレちゃってるというか。

 こういう映画を作ってる自分って芸術してるだろアピールなだけで、そのために一生懸命やるのは別にいいんだけど、それって、実は映画で何かを伝えたいってわけでもなくて、極端に言えば、「芸術してる私を見て見て」に一生懸命なので(それも悪いわけじゃないけど……)、映画に誠実さがないというかね。観てしまった者の気持ちも、一瞬でいいので考えて欲しいですね。

 自分の好きなことをするのはいいんだけど、脳内妄想で解決出来るものは、そうして欲しい。この映画は、製作側の脳内妄想だけで十分です。

 この映画にも、現在超売れっ子の染谷将太が出演していますが、出演していることを知らなかったボクは、彼が画面に現れてビックリしました。

 彼の演技は素晴らしいし、流石なんですが、この映画の中だけで言えば突出し過ぎていて、バランスをかなり壊してるんですよね。その彼の役者としてのパワーを、この映画に封じ込めるという気持ちもスキルも、この映画の製作陣はなかったようなので、結果として映画を滅茶苦茶(悪い意味として)にしちゃっただけなんですよね。勿体ない。