悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

ある過去の行方

最初からネタバレ全開です。disってはないと思いますが。


 殺人事件とかに絡んだ過去のお話かと思ったら、浮気カップル男の方の配偶者が自殺未遂した原因を巡ってのお話でした。重たいテーマには違いないけど。

 浮気カップル男の配偶者がかまって欲しくて(というか、取り返したくて、なのかな)自殺未遂しちゃったってことが真相だったようですが、ラストの場面で、この終わらせ方は何だよと思わせてしまうのはどうなのかな、と。なんか、ラストが爽やか過ぎるだろ(笑)。それまで描いてきた人物の感情はうっちゃるんかよって思うじゃないですか。

 パーツごとは面白かったし、うまいと唸る描写があったりしたんですが、全体的にはごまごました感じだったかなぁ。かなり楽しめましたけどね。

 浮気カップル女の二番目の配偶者(一応終盤までの主人公というか、狂言回し的な扱い)が牽引していく物語構成はうまいのですが、終盤、真実(事実ではなくて)を説明する段階で、浮気カップルに主人公の座を渡すというやり方は、もうちょっとスムーズに出来なかったのかなぁと。まぁ、浮気カップル、特に女の方(の役者さん)はトップクレジットだし、主人公扱いしてもいいんだけど。

 浮気カップル女とその長女のヒステリック合戦とか、浮気カップル男とその長男の我侭ぶつけ合いとか、なんか人の闇をあっさりと当たり前のように提示してる様は、狂気という言葉が一般的には当てはめられるとは思うのですが、この映画は狂気の空気がないんですよね。それを思い返してみて気付いて、逆にこっちの方が怖いよなと思いました。