悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2017©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

貞子 vs 伽椰子

ネタバレしていますが、呪わないでください。


 結論から書きますと、大変面白く、大笑いできた映画です。ホラー映画で大笑い?と思われるかもしれませんが、会場は良い意味で爆笑が起こりました。最初から予想していたことですが、ホラー映画というよりも昔の怪獣対決映画のノリに近いです。貞子と伽倻子の二大怪獣の激突でした。

 振り返ってみると映画としてはかなりスカスカな出来栄えではありますが、貞子、伽倻子という二大キャラを単純に前に出すという方法が功を奏したのか、余計な装飾がなかったので、対決しちゃうんだっていうワクワク感が最後まで持続したのではないでしょうか。

 最後のネタバレですが、予告編にもあるように貞子と伽倻子をぶつけて呪いを相殺というか、二人を戦わして消滅させようとするのですが、結果、貞子と伽倻子が合体します。融合します。ドラゴンボールで言えばフュージョンします。マジです。2chとかでは「サヤコ」と呼ぶようです。主要登場人物も(多分)全員あぼんです。しかも呆気なく。もう人類は滅亡しかないようです。『呪怨』の映画の一作目も人類滅亡エンドだったような気がしますが(笑)。

 昔の怪獣対決映画って、プロレスで言うところの両者リングアウト的な決着の仕方が多かったように思います。この映画もそうなるんかな、なんて考えていました。ラストバトルのところで、この二人がオトモダチとなってタッグを組んだら、ハンセン・ブロディの超獣コンビのようなチームになるよなぁと思ったら、予想外の合体決着を見せられてしまいました。これにはやられました。確かに二人共思念体みたいなもんだし、合体しやすいですよね。ついつい対決だから決着をっていう思考に陥ってしまっていたので(最近はプロレス観戦に注力しているっていうのもありますがw)、個人的にはかなりブラインドを突かれた結末でした(勿論、良い意味で)。

 不満点というのではないのですが、ちょっと貞子の方を描き過ぎというか。そこはもうちょっとバランスを取った方がとも思いました。出張型の貞子と引き込み型の伽倻子(with 俊雄)では仕方がないと思いますし、監督のインタビューでも苦労した跡が伺えます。

 ただ、貞子は強力な霊能者相手に無双したりしてるのに対して、伽倻子の出番はヒロイン二号の母親を屠ったくらいでほぼ登場は最後のバトルのみで、俊雄も小学生4人とヒロイン二号の父親を屠った程度で、素人(一般人)しか相手にしてないんですよね。この描写によって力量の差が意図せず提示されちゃってたように思います。最後のバトルでも、伽倻子と俊雄は貞子に一回瞬殺されますしねー。

 これ以上disったら呪われるのでやめます(爆)。マジで面白かったですしね。

 次は、貞子vs伽倻子(with 俊雄)vs富江とか、貞子vs伽倻子(with 俊雄)vs加奈子(師匠シリーズ)とか、海外からジェイソン・ボーヒーズ氏を招待して、伽倻子ハウスで貞子の呪いのビデオを鑑賞するジェイソンとかやってくんないかなー。