悲しみの果てに、死者の群れをお願いします。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2019©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

演歌・オブ・ザ・デッド 公式サイト(2005-2019©りょんりょん) ※映画感想dis blogです。かなりdisってるので、不快になられた方にはお詫び致します。

X-MEN: ダーク・フェニックス

ネタバレしてます。disっちゃってる部分もあるかなー。

 

 

 

 

 

 

 

 一応、現行メンバーでは最後の映画なのかな。前メンバーでの当時の最終作品『X-MEN: ファイナル ディシジョン』でも、ダーク・フェニックスが題材となっていましたが、余程米国というか原作ファンはダーク・フェニックスが大好きなんかな。

 

 バトルアクションはよかったです。能力者同士の連携があったり。迫力もありましたし、こういうのを観たかったんだよって思いました。そういった部分も『X-MEN: ファイナル ディシジョン』を意識していたのかなー。

 

 お話自体は、宇宙人が出てきたりして、あー、ダーク・フェニックスというかジーン・グレイは途中で改心してこいつらと戦うんかなぁと思ってたら、そのとおりの展開となりました。

 

 『X-MEN: ファイナル ディシジョン』では、ジーンに絶賛片思い中のウルヴァリンが涙ながらにトドメを刺していましたが、今回はジーンが敵である宇宙人のラスボス(ジェシカ・チャステイン)と相打ち(というか簡単に相手を屠れるけど、わざと相打ちっぽくした感じ)になり、本当のフェニックス(?)になってお空を飛んでいる姿で終了です。

 

 教授にしても、X-MENのメンバーにしても、単純にもっと正直に話しあえよとしか思えない人物描写で、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」みたいに人間ドラマなんて薄くていいんですよ、怪獣バトルが大事でしょっていう振り切りさもなく、シリーズ最終作としては呆気なく終わったなという印象が拭えません。

 

 マグニートーが自信満々にジーンを殺しに出向いてあっさりとタコられたり、最終決戦でも宇宙人のラスボスの前に自信満々な表情で立ち塞がるもあっさりと排除されたりと、彼の悲哀を楽しむ映画でもあります。

 

 ジェニファー・ローレンスが序盤であっさりとジーンに殺されたり(というか、あれは事故死みたいなもんか)します。ジーンに殺されたからこそ物語が動くのは分かりますし、そういう動かし方にどうこうはないのですが、邪な感情ではありますが、役者かギャラの都合なんだなって思われてしまうのは残念なやり方だったのかなー。

 

 なんというか、悲壮感を漂わそうとしているのは分かるのですが、画面にそれが現れていなかったのがダメダメだったんじゃないかなと思いました。

 

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

少しネタバレしていますし、少しdisっちゃってるかもしれませんが、面白かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 怪獣バトル(怪獣プロレス)の迫力はあるし、テンポもよくて2時間を超えているとは感じなかったくらい、楽しませていただきました。

 

ロダンラドン)はかませ犬>

 ラドンのファンの皆様にはなんとも屈辱的な扱いだけど、いいんだろうか。威勢良く復活し戦闘機を蹂躙するまではよかったのですが、キングギドラにあっさりと負け、最終決戦ではあろうことかキングギドラ側についてモスラと対決。モスラを追い詰めるものの、モスラの尻尾の針の一撃で撃退されてしまいます。最後は、キングギドラを屠ったゴジラが王の雄叫びをあげる中、あなたに服従しますという土下座な態度。いいのか、ラドン。そして、欧米の皆様には「ラドン」ではなく「ロダン」と発音される扱いです(笑)。

 

キングギドラとの最後の決着の付け方があっさりし過ぎ>

 キングギドラとの最終決戦で、復活したてのためか撃退されてしまったゴジラさんですが、モスラさんの命を賭した鱗粉(パックみたい)で復活、スーパーサイヤ人化。「モスラのことかぁ~~~。」と叫んだような気がします(嘘)。で、あっさりとキングギドラの首をもいで、踏みつけて終了と、欧米のバトルは以外と最後はあっさりと勝負が付くことが多いのですが、ここは最後に大技を見せてゴジラには勝ってほしかったところです。

 

<エンドロール後>

 最終決戦地の現地人が、今回の件で魚がいなくなり漁業で生計を立てられなくなったので、転がっていたキングギドラの首を回収し、チャールズ・ダンスに売っちゃう場面が挿入されますので、最後まで映画館にいてね。

 

渡辺謙の英語>

 下手というか、英語話者に通じるの?って思うくらいのレベルに聞こえたんですが、大丈夫なのでしょうか。以前や前作ではそんなことなかったような気がするのですが。チャン・ツィイーの英語も時々そんな感じになったりしてたけど、全体的には渡辺謙よりもスムーズに話せていたんじゃないのかなーと。私は英語は全く分かりませんが、なんとなく発音の面でブロークン過ぎるような気がしたのです。

 

<核爆弾>

 渡辺謙に核爆弾を起動させるという役目を負わせるのはいいのか。彼も反対はしなかったのか。日本は戦争での唯一の原子爆弾による被害を受けた国ということで、日本人の役者にそういう役目を負わせるという発想が怖い。でも、それをタブー視してしまう発想も危険か。難しいですね。多分、この映画ではそんなこと何も考えてなかったと思うけど。

 

マッドサイエンティスト

 ヴェラ・ファーミガが今風なスマートなマッドサイエンティスト役なのですが、もっと悪に振り切ってほしかったなー。

 

<双子>

 チャン・ツィイーは相変わらず綺麗だけど、彼女の役の祖母とか母の写真がチャン・ツィイー増殖になっていて面白かった。彼女自身の役も双子の役なの???モスラの小美人へのオマージュなんだろうか。

 

<迫力と緊張感>

 この映画の一番の魅力はど迫力展開という部分だと思っていますが、有名俳優が序盤で死ぬという展開を入れることで、迫力だけではなく緊張感が少し出たと思います。サリー・ホーキンスが序盤であっさりと死んでしまうのにはビックリ。南極の海に沈んだのだろうか。半魚人は迎えに来るのだろうか。

 

オキシジェンデストロイヤー

 最後の武器というか最終兵器にしてほしかったなー。折角キングギドラといい勝負をしていたところなのに、ゴジラを瀕死にさせてしまっただけという展開は、一作目へのオマージュなんでしょうけど。

 

<オマージュ>

 監督がゴジラ映画のファンらしく、色々と日本のゴジラ映画(怪獣映画)へのオマージュもあって、好きなんだなーって思う部分もあるけど、核爆弾とかオキシジェンデストロイヤーの扱いとかの部分も含めて、敬意を感じられないところもあって、観終わって冷静になって思い返した時点でちょっと複雑な心境になったのは正直なところ。まぁ、でも次回作は来年にキングコングと戦うみたいですし(共闘かも)、キングギドラの首がどうなるのか気にはなるので、楽しみにして待ちたいと思います。

 

アベンジャーズ/エンドゲーム

disってますし、ネタバレも随所にかましていますが、決して落胆したとかそういうのではなく、普通に興奮しましたし、楽しめた映画でしたよ。感想がかなり長くなり過ぎてしまいました。

 

 

 

 最終回感満載でした。一応、『アイアンマン』から続いたトニー・スターク一代記の幕引きと、キャプテン・アメリカ退場の儀式の映画として作られているんだから、そりゃ最終回感はどうしても漂いますよね。

 キャップが遂に「アベンジャーズ、アッセンブル」と落ち着いた、しかし覚悟を込めたセリフを口にした時の感動といったら。いや、ここだけでこの映画は役目を終えたんじゃないか、そんな気がしました。そしてもうひとつ、「I am IRONMAN」という社長の死ぬ間際の最後のセリフ。これは泣けました。うん、アッセンブルとこのセリフが、この映画でやらないといけなかったことなんだな、そう思いました。

 映画の中のキャラクターの生き様よりも、演じた役者やこれまでの歴史に重きを置いて作られたのかなと思いました。キャップの最後の選択、最終回という意味では最高かもしれないけど、映画の中のキャプテン・アメリカというキャラクターが選択することだったのかと思うと、私は違和感しかなかったというか。特に、トニー・スタークが自分の命を投げ打ってヒーローになった選択の後だからこそ、余計にそう思いました。だからこそ、社長の選択があれだったからこそ、キャップはこちらの選択をした、という解釈も分かりますし、理解はできますが、納得したくないんですよ(笑)。

 キャップがムジョルニアをとうとう手にしてソーを助ける場面はテンション上がりました、1回目に観たときは。ちょっと余裕ができた2回目の鑑賞時、前述の場面に繋がる少し手前、サノスに攻撃されているソーが離れた場所にあったストームブレイカーを手元に引き寄せようとしたのですが、ソーの手に渡る前にサノスが持ってしまうんですよね。ストームブレイカーってムジョルニアとは違って、誰でも持てるっていう設定だったのかな。どっちにせよ、その後のキャップがムジョルニアを持つ場面に水を差す演出だったとは思うのです。こういう雑なところもかなりある映画でした。

 物語の展開もよくよく冷静になってみるとグニャグニャというか。タイムトラベルに手を出すな、数年後という展開はダメだと、以前から口を酸っぱくして言ってるのにやってしまうからこういうことに……(苦笑)。コメディ部分も多すぎるというか。ハルクとバナーでSayグリーンはないだろ。なんで簡単に、たった18ヶ月で融合してんだよ。ソーもデブったままだし。最終決戦もそのまま。どういうことだよ。こういう部分をなくすことで、もっと時間を縮めるか、(これでもカットしてるらしいけど)カットした場面を入れるかとかできたんじゃないのかな。と素人に思わせてしまう時点で、この映画の作風というか作り方の路線としては失敗していると言ってもいいような気がします。まぁ、素人が言うなって言われるだけでしょうけどね。

 過去のサノスが今回のラスボスになっているからもあるんでしょうけど(最愛のガモーラを殺すという経験もしていないし)、前作のサノスより小物感満載で、かなりスッキリしないのも不満点かな。前作であった大物感を持続(という言葉は間違ってるけど)していてほしかった。インフィニティガントレットなしの素のサノスさんは、キレたワンダさんには一方的にやられ、多分マーベルさんにも及ばない程度の強さのようでしたし。ワンダさんに殺されかけて、敵味方構わず宇宙船からの一斉射撃をとっととやれと命令してるサノスさんの余裕のなさ(命乞いみたいなもんですよ)。ワンダさんもマーベルさんもストーンの力を持ってるから当然なんでしょうけどね、この差は。こういうところからも、小物感が拭えませんでした。

 ジェレミー・レナー真田広之さんとの戦いはよかった。ローニンのスピンオフを作ってほしい。勿論、最後の場面はこの映画の流用でいいですから。でも、ジェレミー・レナーの日本語はもっと鍛錬させないといけない(笑)。いや、トンデモ日本好きな自分としては、これでいいのだ!

 バートンとナターシャの関係性ですが、ナターシャが自身の命を捧げる、犠牲にすることでソウルストーンをバートンは手にするわけですが、最愛の人というには、バートンは妻子持ちだし(この映画もバートン一家からスタートじゃねーかよw)、ナターシャはバナー博士とラブラブになってたし、どうも二人の関係性が釈然としない。兄弟姉妹でもないようだし。戦友で親友ではあるんだろうし、そういう愛情もあるのは分かるけど。最愛の人を失ったが故のゲットだと考えると、バートンにはほかにも最愛の家族がいるんですから……。前作でも思ったのですが、ソウルストーンをゲットした時の場面、ベルセルクでグリフィスが覇王の卵と再会する場面を思い出すのです。捧げるのではなく、捧げられた側という違いはありますが。

 サノスに指パッチンで消えていった人が5年後に復活しますが、社会が大混乱しないのかなと。劇中で、みんながみんなナターシャみたいに過去だけ見て生活してるわけじゃないだろうし、キャップも前を見てなんて建前でも言ってたし。配偶者が消えてしまって、5年の間に再婚したけど、配偶者が復活したことによって泥沼化とか。子供が複数いて、上の子が消えてしまい、下の子がその当時の上の子の年齢を超えてしまったのに、上の子が復活となったときとか。で、ピーター・パーカーが高校に戻ったときの描写はそういうことだったようですし。アントマンの娘って、5年経ったら10代後半くらいの年の子でしたっけ?

 サノスの5年前の指パッチンでサラサラと消えていった人は蘇ったけど、今回のサノスとの最終バトルでアベンジャーズに加勢してなくなったモブキャラさん達もたくさんいんだろうなぁと思うと切ない。

主要メンバーの顛末
社長:指パッチンして死亡
キャップ:過去にストーンとかを戻しに行ったけど、そのまま過去にいついて彼女と結婚(?)
ソー:デブったままGotGのメンバーに(?)
ハルク:ギャグ要員に
ナターシャ:死亡
ホークアイ:ローニンになって生き残り(純人間としては快挙?)

 物語やキャラクターの整合性が取れない部分を、情報量の多さや、こういうのが観たかったんでしょうという場面を投入することで目線を逸らすというやり方がここ最近多いような気がしていましたが(その手法が悪いという意味ではありません)、今回はそのバランスが危ういというか、崩れてしまったように思いました。整合性なんて細かいことを言うなっていう人は、例えば、アイアンマンが急に仮面ライダーに変わっていたらどうしますかと問いたい。ヒーローには違いないだろ、細かいことは気にするなよって言われたらどうしますか。整合性が取れなくなるのは細かいことではなく、根本に大きく関わってくる大きな問題になりうるんですよ。と言いたい。大勢のキャラクターを登場させないといけないことから、難しいのは分かるのですが、今回退場するであろう初期主要メンバーにもっと絞って、丁寧に描いてもよかったのかもしれないなと思いました。

 なんか書いていると、不平不満というか、湧水のように出てきてしまいましたが、これまでの『アイアンマン』から始まったシリーズが一旦の区切りがあることからへのこの映画に対する大きな期待への裏返しであって、もう満足度数が他の映画に比べて極端に高くなっているのと、こうあってほしいという勝手な希望が混ざり合った結果なのです。

 MCU自体は続いていくみたいだからかもしれませんが、最終回を観た後のちょっとしたロス感がないですよ。この感想を書いていて気付きました。それほど、まだまだ興奮しているのかもしれません。

 

イップ・マン外伝 マスターZ

ちょっとdisっています。ネタバレも少ししているかな。

 

 


 ドニーさんのイップマンシリーズは、ドニーさんファンの間ではかなり支持率が高いと思うのですが、私はそんなに好みではないんですよね。それなのに、イップマンシリーズの三作目『イップ・マン 継承』のラストバトルの相手であった、マックス・チャン演じるチョン・ティンチ(張天志)を主人公とした映画を観に行ったのは、予告編でwktkしてしまったこと、イップマン以外の映画も含めてマックス・チャンのアクションが素晴らしいことを知ってしまったためでした。

 うん、マックス・チャンの佇まいというか雰囲気は素晴らしい。ハリウッド映画に出ていた当時のりんちぇの雰囲気にも似ているような気がします。憂いがあるけど、内側には青白い炎が燃えているというか。そんなマックス・チャンを堪能できただけでも儲けもんかもしれません。

 なのですが、取り敢えず豪華ゲストも呼んで作ってみましたという印象が拭えなくて、あまり楽しめませんでした。映画で中心になるキャラクターであろうチョン・ティンチ父子も、中盤ちょっと空気になってしまったりするし。序盤から中盤にかけての敵である中ボスも大きな制裁もなく(それこそ、劇中で人の命が腕一本なのかよ、ですよw)、ラスト自体の締まりもそれまで溜め込んでいた鬱憤みたいなものが晴らされたかというと、そうでもないような。

 チョン・ティンチの生き様というか、そういうのが『イップ・マン 継承』と比較してもあまり浮き彫りにされていないような気がするのです。イップマンに敗れて武術界から身を引いた割には、別に武術自体を捨てているわけでもなく、チョン・ティンチ自身も武術を捨てる気もなく(映画冒頭ではその腕前で裏稼業もやってるぽい描写もありましたし)、単に武術を誰にも教えていない程度(これは結構武術家にとっては重いことなのもしれませんが)としか映らず。格好良いキャラクターではあるけど、物語を中心となって動かしていくには最適ではないキャラクターだったのかな。

 私は、物語がダメダメだったのが原因だと考えています。チョン・ティンチというキャラクター、マックス・チャンという役者をどう活かすのか、そのための最善の物語はどうすればよいのか、という視点がなかったように思えます。だから、チョン・ティンチがバティスタとのラストバトルで、詠春拳を再び使い始めるという部分が最高潮に成り切れなかったんだと。

 豪華ゲスト陣を起用するのもいいのですが、トニー・ジャーとのSPL2以来の再戦や、ミシェル・ヨーとの戦い自体は素晴らしいのですが、ゲストに華を持たせるためかチョン・ティンチの強さが見せ切れておらず、これってこの映画から観た人には、チョン・ティンチの強さに迷いを生じさせることしかできていなかったように思うのです。そして、それが例えばイップマンに敗れたことが原因であるとか、そういう理由付けも感じられなくて。『イップ・マン 継承』も観ていることが前提ではあるでしょうけど、単にチョン・ティンチクラスの武術家なんてたくさんいるよっていう紹介にしかなってないんですよね。それがまた、有機的にチョン・ティンチと絡み、物語を構築していくわけでもないし。あ、ミシェル・ヨーは絡んでたか(笑)。

 チョン・ティンチにボコられたバティスタが這う這うの体で逃げてるときに、トニー・ジャーが肉弾戦で止めを刺すのかと思いきや、毒矢って(笑)。いや、ここで肉弾戦で止めを刺しても、トニー・ジャーが主人公でもないので違うだろというのは分かりますが、毒矢はないだろ、エンセリオマジで。そして、チョン・ティンチにボコられた後の、急に猫っぽく小心者に変身するバティスタの姿は素敵だし、バティスタが焼くステーキはおいしそうだった。焼きあがってから5分待って食べるのがいいらしいです。

 香港の警察署長(?)の人が、全日本プロレスに参戦中のジョー・ドーリング選手になんとなく似ているなぁと思いました。

 

復帰してしまいました。

 リネージュに復帰しました。6年から7年振りの復帰だと思っていたのですが、スクショを確認してみたら、たったの3年振りでした(笑)。それでも私がやっていた当時からはかなりの変更があってビックリしています。

 以前止めたのは(プロレスラーの引退みたいに何度も止めていますがw)、ステータス変更があって私のキャラクターであったINTプリでのプレイがほぼ不可能になったことと、使用していたパソコンが壊れてしまいプレイ自体ができなくなってしまったことでした。それで暫くログインしていなかったのですが、別のパソコンを用意し、キャラクターのステータスを変更してプレイを再開するも、どうにも身が入らず、結局そのままフェードアウトしちゃいました。

 今回復帰したのは、デスナイト変身でモンスを狩る姿は爽快でストレス発散になるのですが、それは別に自分がプレイしていなくてもよくて、YouTubeとかでアップされている動画を見ているだけでも満足だったのですが、2倍速とか4倍速になってたり、バックにゲームとは別の音楽を付けているといったものが多く、ゲームのままのものが見たいのであって、そういうのが見たいわけではないんだよなっていう気持ちが大きくなり、それならまた自分でプレイしようかなと思い始めると止まらなくなってしまって、今に至ってしまいます。

 装備は一応初級から中級者程度のものはあったので(デスナイトセットもあるしというか、それがメインw)、それでマッタリとプレイしようと思っていたら、タイミングよく復帰者支援イベントがあり、それに続く春のイベントもあって、レベル65の90%くらいからの再開だったのが、1か月しないうちにレベル77になってしまいました。

 数年前のレベル77はそこそこでしたが、今のリネは、昔のレベル30(全茶デビューレベル)が今ではレベル52(デスナイト変身可能なレベル)くらい、昔のレベル40中盤が今ではレベル76くらい、昔のレベル48や49くらいが今ではレベル80くらい、昔のレベル50が今ではレベル81くらい、昔のレベル52が今ではレベル83から、といった感じでしょうか。かなり昔の基準ですが……。

 復帰して一番ビックリしたのが、レベルアップが容易になっているということです。前回止めるときもレベル52までは簡単になれますという施策がありましたが、今はそれがレベル70になってます。まぁ、新規なんて限りなく0%に近いであろう今の状況では、狩場自体をレベルアップしていくしかなく、そうなるとレベルのインフレをするしかないというのは理解できます。狩場を増やすというのは難しいでしょうし(ダンジョン等を増やすにしてもキャパの問題もありますし)、キャラクターのレベルを底上げするしか仕方がないとは思います。

 なのですが、昔のリネはレベル上げがマゾ仕様で(っていうか、MMORPG自体がそういう傾向があったかな)、それを知ってる身としては、今のぐんぐん上がるレベルには驚愕です。レベル80以上になると大変にはなってくるみたいですが。私も、先に書いたようにマッタリプレイなのに、既に10以上もレベルが上がっています。イベント効果もありますが、それにしても上がり過ぎだろ(笑)。

 レベル52のデスナイト変身を夢見て、でもかなり遠いよなと思っていたあの時代はなんだったんだろうか。レベル52って、今では通過点ですらないですからね。

 また、期間限定発売の真デスナイトパッケージという課金アイテムを購入したのですが、装備や消耗品も豪華で、ほとんどが時限設定ありなのですが、重宝しています。デスナイトセットからこのパッケの装備に切り替えたところ、イベントマップもスイスイ行けるようになりました。商売上手だな(笑)。但し、期限が来たあとをどうするかが今から心配です。これ相当の装備を用意するのは無理だろうしなー。

 ということで、今はイベントマップを中心にマッタリとしています。イベントマップのボスに二回連続で出会ったり、フィールドのボスは周りに比べて強過ぎるじゃねーかよっていうのを実体験したりと、自分なりに楽しんでいます。

 

デス・ショット/DEATH.SHOT

disってるかも、ネタバレはしてます。

 

 

 フランク・グリロブルース・ウィリスが共演で、銃をバンバンしてる予告編を観ても面白そうだったので突撃してきました。

 いやー、観なくていいですよって言いたい(笑)。ブルース・ウィリスの無駄使いというか、はっきり言って役的に必要ないとも思えるし。ラスボスを最後に殺すのは彼だけどね。オープニングの演者クレジットのトップはフランク・グリロで二番目がブルース・ウィリスだったのですが、エンディングのキャスト表記ではブルース・ウィリスの役がトップと、彼に忖度しているのが丸分かりなのですが、その分のリソースを他に回した方がよかったと思います。ブルース・ウィリスがダメとかっていう意味ではないですよ。

 簡単に物語のさわりを書きますと、フランク・グリロは警察官だった父に憧れがあって、自分も人助けをするような職業に就きたい、警官になりたいという気持ちがずっと心の底で燻っていました。銀行強盗に遭遇し、何もできなかった自分に対しての失望みたいなものがきっかけとなり、燻っていたものが燃え上がってしまい、隣人のブルース・ウィリスにも焚き付けられ(笑)、自分がなんとかしないとと思い込み、そのせいで女性警備員やFBI捜査官が殺され、家族が拉致され娘が死にかけても、自分の気持ちを第一にした結果、FBIの懸賞金を初めてゲットしたという勲章を持って警察官に転職できました。という映画です。

 フランク・グリロの役は、職業は銀行の支店長、若くて美人の配偶者と、先天性(多分)の糖尿病を疾患している12歳くらいの可愛い娘がいるというもので、父親は警察官だったという設定です。豪華な家に住んでいたり、配偶者共々二馬力で働いていたり、なかなかいい車を二台(フランク・グリロと配偶者用)所有していたりと、中流の中でも上な感じなのですが、家計は火の車みたいで、庭師を呼ぶ回数を減らしたり、自宅セキュリティを間引こうとしたりしています。つか、家を売れよ、車を売れよと思ったのは内緒です。娘の治療費が大変だったのかな。

 7月5日(だったかな)、銀行が開店してすぐに銀行強盗(強盗は一人)に遭い、警備員が射殺され、お金(35万ドル以上)が盗まれた挙句に、捜査にきたFBIから犯人の一味ではないかと疑われ、会社からは暫く休めと言われます。

 フランク・グリロは自分はもっと何かできたはずと思い込み、隣人の元警官のブルース・ウィリスとプロファイリングみたいなことを始めます。で、何故か犯人の行動が分かってきちゃう彼ら(笑)。おい、待て、FBIや警察だって分かるだろうに、それくらいなら。

 犯人は、退役軍人で認知症になっている父親がいる50歳代の男性です。機械にも詳しく、犯行現場の事前調査は、清掃員とかの仕事で現地に潜り込み情報収集をしていたようです。犯行の動機はおそらく、国のために頑張った父親なのに認知症になり、老人ホームで寂しく暮らすような仕打ちをしやがってという復讐心のような気がします(映画の原題が『Reprisal』で、報復や制裁という意味の言葉らしいです)。

 フランク・グリロは、犯人の居処である倉庫を突き止めます。丁度、犯人が次の犯行に及ぼうとしているタイミングでしたので、犯人を追跡します。いやいや、そこで警察呼べよ、マジで。倉庫に犯行の証拠も揃ってるじゃんかよ。なんで自分でなんとかしようとするのか。ブルース・ウィリスに電話しますが、お前も警察呼べよ(笑)。

 犯人の次のターゲットは現金輸送車を襲うというもので、その犯行現場に遭遇しますが、結局、男性警備員は撃たれて死亡?し、犯行は成功してしまい、犯人にも逃げられてしまいます。しかし、フランク・グリロは犯人の思考まで分かるようになったのか、盗んだお金を隠した場所を探し当て、何故か家に持ち帰ります。いや、だから、そこで警察を呼べよ、マジで。

 犯人は、唯一の目撃者となっていた女性警備員が入院している病院に潜入し、その女性警備員から事情を聞こうとしていたFBI捜査官(←無能)を殺し、女性警備員から先の犯行を邪魔し、お金を持ち出したであろう人物(=フランク・グリロ)のことを聞き出したあとに女性警備員も殺しちゃいます。

 この前に襲った銀行の奴ってことが犯人にバレ、家族を人質に取ってお金との交換を要求する犯人。ブルース・ウィリスは知人のFBI捜査官に状況を説明し、応援を頼みます。お前の役目はそれだけかよ(笑)。つか、最初から応援を頼めよ。って、途中にもそういやー知人のFBI捜査官に連絡はしてたなー。

 犯人の待ち合わせの場所で、何故か銃撃戦になります。フランク・グリロに協力するブルース・ウィリスの知人のFBI捜査官や、偶然居合わせたパトロール中の警官も参戦。パトロール中の警官は派手に撃たれてぶっ飛んだりしてます。

 勿論、ブルース・ウィリスも参戦し、見事犯人を射殺。いいんかよ、それで。おいしいところはブルース・ウィリスが持っていってくださいという密約があったんでしょう。フランク・グリロの家族も無事で、めでたしめでたし。

 半年後、フランク・グリロは銀行員を辞めて警官に転職していました。というところで映画は終了です。

 描きたかったのは、フランク・グリロの秘めた想いがある事件を機に沸騰し、それに向かって突き進むというものだったのは理解しますが、なんかツッコミどころが多すぎて、映画自体も淡白に進むし、薄味の描写ばかりが続くので、登場人物の想いみたいなものが伝わってこなかったのが敗因なのでしょうか。いや、そもそもなんでフランク・グリロがそういう心境になったのかっていうのが観客にとっては突然なので、おそらくほとんどの人が付いていけないというスタートだったのが問題なのかな。警察呼べよ、としか思わない映画になっちゃってましたね。

 ブルース・ウィリスの役をなくし、もっとフランク・グリロの人物描写に注力して(それこそ犯人の人物描写もいらないと思う)、もっと家族からも孤立するような展開にした方がよかったような気がします、素人ながらに。

 フランク・グリロの配偶者役の人と娘役の人、女性警備員役の人が美人でした。それだけはよかった。配偶者役の人は棒立ち演技で、もうちょっと表情に変化があればよかったのにっていうのは言っちゃダメ。

 

赤い雪 Red Snow

disってはいませんが、面白かったということではありませんし、ネタバレもしております。

 

 

 タイトルとポスターと物語のあらすじから興味を惹かれたので、観に行ってきました。設定や関係性等について、ちょっと分からない部分が多かったので、自分の中で整理する意味で書いていきます。なので、あくまでも私がそう思ったということなので、それが正しい理解なのかどうかとは別ですし、ネタバレ全開です。

 映画の感想としては、最後の場面だけは幻想的で物悲しい雰囲気が滲み出ていてよかったです。それ以外は、察してくれ、読み解いてくれ系の映画ということと、物語が暗く重いので、観ている間から疲れを感じました。群像劇的な登場人物との接し方なので、登場人物と観客との間に意図的に距離を置いてるのかなと思うことがありました。そして、何を描きたかったのか、観客に何を提示したかったのだろうという気持ちが観終わったあとに残りました。記憶とは儚く曖昧で、自分に都合のいいものだということを提示したかったのだとしたら、内容が薄過ぎます。そこから先を映画には見せてほしいんですよね。

 物語の発端は30年程前に、永瀬正敏さん演じる白川一希の弟が行方不明になってしまったことです。それから10年後くらいの平成9年に火事があり、そのときに弟の白骨死体と思われるものが発見されます。

 ちょっとキャラクター毎に纏めた方がいいかな、ということで主要登場人物毎に書いていきます。

白川一希(演:永瀬正敏
 本編の一応主人公(主人公というより物語の中心に位置する人物という書き方が正しいような気がします)で、職業は椀の漆塗り職人?のようです。
 30年前に弟が目の前で行方不明になります。ショックから、弟が消えたときの出来事を覚えておらず、そのことが今も彼を苦しめています。その事件のせいで母親は風呂場で自殺してしまうなど、一家は悲惨な目にあったようです。
 真相は、母親は彼の弟を贔屓し溺愛していて(少なくとも彼はそう感じていた)、弟を誘拐することになる夏川結衣さん演じる犯人の(あ、書いちゃったw)江藤早奈江にお菓子で手なづけられ、自身の弟を贄に差し出した、じゃなくて、江藤早奈江が弟を連れて来てって言ったので彼女の部屋に行くように仕向けたのでした。
 そして、江藤早奈江も自分ではなくて弟を可愛がってる姿をドアの郵便受けから覗き込んで見てしまったことから弟への嫉妬心とかが沸点を超えてしまい、弟が行方不明になったときも警察や両親に曖昧なことしか言わず、良心の呵責からなのか(注意:弟がいなくなってしまえばいいという気持ちから嘘をついたのか、そういう気持ちから記憶を塗り替えてしまったのか忘れてしまったのか、イマイチ私には理解できませんでした)、そこの部分の記憶がすっぽりと抜け落ちて、そのことで自分を責め、苦しめつつ現在に至ります。
 江藤早奈江の娘である菜葉菜さん演じる江藤早百合と出会うことで少しずつ記憶が繋がっていき、最後は多分記憶を全て思い出してしまい、自分のしたことの愚かさや、そのことにより自分や家族を苦しめてしまったことにどんよりした感情になり、記憶を思い出したかったんじゃなくて、記憶を思い出したくなかったことに気付き、江藤早百合と傷の舐め合いなのか、二人で小舟で旅立って行きます(=自殺なんじゃないかな)。

江藤早百合(演:菜葉菜
 江藤早奈江の娘で、小さい頃から学校にも通わせてもらえず、押入れの中に押し込まれ、江藤早奈江が部屋に連れ込む男とのまぐわいを押入れの中から覗き見ているという生活で、碌に食事とかも与えられず、喉の渇きを癒すために夜中に水道の水をがぶ飲みしたりしていました。
 江藤早奈江が保険金目当てで殺した田中さんを紹介した佐藤浩市さん演じる宅間隆と、母親が家を出てからも同居しており(家を出て行った理由は不明)、体の関係を持ちつつ、暴力を振るわれつつも一緒に暮らしています。
 仕事は旅館の清掃員で、旅館のオーナーと体の関係があることから雇って貰えているようで、清掃のときに客が部屋に置いてあったり金庫の中の物やお金まで盗んでいたりします。他の従業員にもそのことは知られていますが、オーナーとの関係があるからなのか、見て見ぬ振りをされています。立ち寄るスーパーでも平気で万引きをしています。
 江藤早奈江が起こした二つの事件(白川一希の弟の誘拐と、田中さん殺しを火事で隠そうとしたこと)の目撃者(他にもずっと見てきたと思います)。事件のことを警察にも語りませんでしたが、自分に負い目があった模様で、最後は傷の舐め合いをしたいからなのか、白川一希と小舟に乗ってどこかへ行きます(多分、自殺なのかな)。

木立省吾(演:井浦新
 フリーのルポライターで行方不明事件と火事の件を結びつけて追っています。木立は偽名で、実は田中さんの親戚?息子?(どんな関係性なのかは不明だけど、隣に住んでいたのかな)。事件を追っていたのは、復讐のためなのか、好奇心のためなのか、ここらあたりはよく分からず。挙げ句の果てに宅間隆に殺されてしまいます。

江藤早奈江(演:夏川結衣
 江藤早百合の母親。男を取っ替え引っ替えして、保険金を掛けたりして殺していた模様。ショタコンでもあるようで、白川一希の弟を誘拐して殺害し(殺害したのはいつ頃かは不明だが、誘拐した10年後くらいまでは遺体を保持していた模様)、田中さんを殺害し証拠隠滅のため田中さんの家ごと放火したときも、白川一希の弟の遺体にまっさきに火をつけるという鬼畜。
 白川一希の弟の事件で逮捕されるも警察には何も語らず、結局は無罪放免になる。田中さんの放火事件も同様に何も語らず、無罪になった模様。警察無能(笑)。
 田中さん殺害後、一緒に住んでいたはずの宅間隆と江藤早百合のもとから出て行った理由は不明。宅間隆が娘にターゲット変更したことが理由のような気がします。

宅間隆(演:佐藤浩市
 元は大学病院に勤めていた模様。おそらく医師だったみたい(大学を出ているというやりとりからの推測)。今は、江藤早百合と一緒に住んでいるが、恋人同士という関係ではなく、肉体関係を持ち、DVするだけの間柄の模様。本人としては、いつも江藤早奈江と江藤早百合母娘の尻拭いをしてやってると思っています。
 気に食わない人物や、お金や貴金属を盗むために平気で人殺しをしているようで、劇中でも2名を殺害。殺害した人は山奥に埋めています(映像では白骨化した死体も確認できます)。
 映画の最後の方でおそらく江藤早百合に家で殺され、家は燃やされた模様。

 何故、赤い雪なのか。赤が象徴的に使われる映画ですが、血の色であるということ、事件の発端であるアパートの路面の色、後戻りできない選択をしてしまったことや何もできずに見ているだけだった後悔の色、なのかな。雪は普通は白いけど、登場人物達には赤く見えているのかもしれない、という意味なのでしょうか。
 それとも、一度白い雪の中に赤い色が染まってしまうと、もう白い雪には戻れない、という意味なのかなー。

 

クロース: 孤独のボディーガード

若干disっていますし、さりげなくネタバレかましています。

 

 


 全体的に俯瞰して物語とか人物を設定していないなって分かるのが弱点か。

 こういう場面を入れたいということだけを重視した結果、登場人物が間抜けになってしまうというよくある弱点は、プロならそろそろ解消すべき。

 ステレオタイプな人物描写は、説明描写を過度に入れずに観客に人物像を提示するのに役立ちはするけど、広がりをもたないという側面もあることは、きちんと理解して取り入れるのがいいのではないだろうか。

 莫大な資産を会社経営者の父親の死去によって受け継いだ娘が、継母の企みによって命を狙われるという展開はよくあるが、この映画での黒幕は継母ではなくライバル企業であり、継母は実は義理の娘のことを大事に思っていたというのは、これまでもあまりない展開だと思われる。継母が義理の娘を大事に思っているという部分を濃く描くとミステリー要素がなくなってしまうというジレンマを解消できなかったのが、物語が中弛みし失速してしまった要因ではないでしょうか。

 低予算なのだろうが、そこは創意工夫で補う姿勢がほしかったところ。この程度で十分だろうという思惑が、観客に透けて見えてしまうのは、観客側としては悲しい。

 主演のノオミ・ラパスは体を張り格闘アクションに取り組み、自身の演技力で演じる役に生命を吹き込んではいたが、物語の展開によってそれらがかなり犠牲になってしまっていると感じた。ただ、こういう点から、ノオミ・ラパスのファンには、期待に添える映画ではないか。

 

The Witch/魔⼥

新年早々ネタバレしています。

 

 

 いやー、驚きました、というか、すっかり騙されてしまいました。設定や展開自体は、まぁ似てるものは今までもたくさんあると思いますが、主人公の後半というか終盤の行動がね、もうね、初見の人のほとんどは騙されたんじゃないかというくらいの衝撃なんですよ。ということで、ネタバレブログなのでネタバレしていきます。

 主人公の女子高生ク・ジャユンは、ある組織の研究所で脳改造を受けて(おそらく殺人兵器として)訓練・教育されていたのですが、8歳の時に周りの人を殺しまくって研究所から脱走し、力尽きて倒れているところを、建築家で酪農家である夫妻に発見されて、過去の記憶を失ったまま育てられました。と思わせておいて、実は主人公は記憶を失っていません。過去のことをしっかりと憶えています。

 自身が脳改造の影響で余命いくばくもない状態になり、また養母が認知症になってしまっていることから、脳改造してるくらいだったある組織は多分解決策を知ってるだろうという目論見から、ある組織をおびき出そうとテレビ番組に出たりするのです。なんという策士(笑)。

 劇中のいろんな人が主人公に対して「記憶喪失だって? フン」みたいな態度をとったり、「演技力も脳改造のお陰で凄いからね」なんて言われたりしてたのですが、おそらく観客はそういう疑問をほぼ抱かなかったと思うのです。劇中の登場人物が主人公に対してそういう態度をとることで、観客に「主人公は記憶喪失なのに何言ってんだよ」っていう刷り込みをさせていたのだと思います。映画自体も策士だった(笑)。

 前半は、主人公の日常が描かれていますが、その描写が後半に凄く活きてるんですよね。この映画の観客は、はっきり言ってアクション映画を観たいという観客が多いと思いますし、そういう観客にはウダウダ何を描写してんだよってなると思うのです。はい、私がそうです(笑)。でも、この描写が本当に後半に効くんですよ。

 大抵こういう映画の主人公って、人の愛を知ったら弱体化するっていうのがパターンですが、この映画の主人公は特に弱体化しません。そこが素晴らしい。昔のことは昔のことできちんと受け入れ、自分の元からの本性も弁えているけど、その後の生活で変わった自分もきっちりと受け入れているという描写は、私は映画では観たことがありませんでした。そういうところがリアルだと感じました。前半の描写が活きている大きな部分はここだと思います。

 主人公は頭脳明晰にもなるようですが、自身の命を永らえさせる薬をゲットしたはいいけど、それを自身で作ることはできなかったのかとか、薬をゲットしたんだったら、その成分を調べて自分で調合なりできないのだろうかとか、そういう部分は引っ掛かりました。実の親からの骨髄移植があれば治るかもしれない病気って白血病とかで、脳の病気ではないような気もしますし。

 それから、もうちょっと脳改造された人達の能力の説明は欲しかったところです。頭脳明晰、怪力や素早い動きといった身体能力の向上のほか、念力とかあるようですし。主人公がそんなに容姿端麗ではないのに(失礼)、スター誕生の地区予選を勝ち抜くというのは能力を使ったのかどうか、とかね。

 映画の最後は、ある組織の女性博士には妹がいて隠遁生活を送っているようで(その人が多分主人公の実の母親でこれで骨髄問題は解決?)、その人に主人公が会っている場面となります。少し話している間に、更に主人公には実姉がいて、なにやら人質に取られているような関係性のようなことがバラされて終了です。実姉もチラっと出てきます。

 アクションも素晴らしいし、観て損は全くない映画と言い切れますが、冒頭にもpart1とか出てしまうように、続編ありきというのが残念なところです。この映画だけで完結できるように作ることも可能なのに。というか、本当に最後の場面だけカットしておけば十分なのに(続編が作られるのなら、その続編に冒頭のカットを流せばいいと思うし)。あー、続編あるなら早く観たいよー。

 

2018年映画館鑑賞記録総括

 2018年の映画館での鑑賞回数は121回(対前年比-17回)、鑑賞本数は116本(対前年比-18本)、鑑賞代金は159,900円(対前年比-17,900円)、交通費の合計額は39,730円(対前年比-7,578円)となりました。1回あたりの鑑賞代金は約1,321円約(対前年比+33円)、1回あたりの交通費は約328円(対前年比-15円)で、交通費も含めて映画1回鑑賞につき約1,650円(対前年比+19円)の費用がかかった計算となりました。鑑賞代金には会員の年会費等も含まれていますが、年々、映画鑑賞一本あたりの単価が上がってるなぁ……。年間約20万円で100本以上の映画を鑑賞できるという意味では、安上がりな趣味ではありますが。

 今年は、夏場に風邪をひいて、咳がずっと治らなかったというのもあって、8月なんて1本しか観てないという体たらくで、鑑賞本数がかなり減ってしまいました。観たい映画もそんなになかったのも要因ではありますが。映画館での鑑賞は116本となり、うち新作が100本でした。

 2018年に最初に観た映画は1月1日に大阪ステーションシティシネマで『DESTINY 鎌倉ものがたり』を、最後に観た映画は12月30日にアップリンク吉祥寺で『トラスト・ミー』でした。

 映画館別の鑑賞回数は以下のとおりです。2018年は、19箇所の映画館で映画を鑑賞させていただきました。ありがとうございます。

○TOHOシネマズなんば:23回(対前年比3回減)
○なんばパークスシネマ:20回(対前年比5回減)
○シネ・リーブル梅田:15回(対前年比2回増)
○シネマート心斎橋:11回(対前年比2回減)
○第七藝術劇場:10回(対前年比2回増)
○あべのアポロシネマ:9回(対前年比2回増)
○テアトル梅田:6回(対前年比1回減)
大阪ステーションシティシネマ:4回(対前年比2回減)
○シネ・ヌーヴォ:4回(対前年比5回減)
○立川シネマシティ:4回(対前年比1回減)
○TOHOシネマズ梅田:3回(対前年比3回増)
○梅田ブルク7:3回(対前年比2回増)
○TOHOシネマズ新宿:3回(対前年比1回増)
○キノシタホール:1回(初)
○シネマスコーレ:1回(初)
○シネマート新宿:1回(対前年比1回増)
○シネクイント:1回(初)
○ココロヲ・動かす・映画館 〇 COCOMARU THEATER:1回(初)
○アップリンク吉祥寺:1回(初)

 今回のトップスリーは昨年同様、1位がTOHOシネマズなんば、2位がなんばパークスシネマ、3位がシネ・リーブル梅田(昨年はシネマート心斎橋と同点で3位)となりました。シネマート心斎橋は4位に後退しましたが、トップフォーの顔ぶれは昨年と変わらずといったところです。

 昨年に引き続き1位のTOHOシネマズなんばは、昨年の理由と同様、IMAX上映での選択はほぼここ一択になっており、その結果の連覇となりました。

 第七藝術劇場の鑑賞回数は増えましたが、シネ・ヌーヴォはまたもやガクっと減りました。なんかね、スケジュールが合わないんですよ。ミニシアターに通いたいんですけどね(棒読み)。

 映画館で複数回鑑賞した映画は、『パシフィック・リム:アップライジング』(2回)、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(3回)、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2回)でした。『パシフィック・リム:アップライジング』は複数回の鑑賞予定ではなかったのですが、前売り券をオマケ目当てで買っていたのを忘れて、公開日が鑑賞代金が安くなる日だったので、前売り券を買ったことを忘れてそちらの仕組みで購入してしまったというのがオチです。映画自体は期待はずれでしたね。

 ということで、月毎に観た中で印象に残っている映画を挙げていきます。

 1月は、『ジオストーム』がよかったです。期待をいい意味で裏切られたというか。能天気映画の傑作だと思います。また、久し振りに『さびしんぼう』を映画館で観ましたが、ダメです、私にとってこの映画は宝物過ぎます。

 2月は、未体験ゾーンで体験してしまった『ザ・ヴォイド』に衝撃を受けました。DVDを買いましたもんね。『マンハント』も想像以上におバカ映画で(←褒めてます)、憤怒なんて感じませんでした。また、ミュージカル映画は大嫌いなのに、『グレイテスト・ショーマン』には感動しました。ヒュー・ジャックマン効果です。

 3月は、『長江 愛の詩』がよかったです。意味不明なのに引き込まれる感覚って、なかなか巡り会えないんですよねー。また、『薔薇の葬列』と『ゆきゆきて、神軍』という旧作映画のパワーが凄まじかったです。

 4月は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はやっぱり前編かよって感じで、続きは1年も待たないとあかんのかっていう気持ちが先に出てしまって、ちょっと楽しめなかった部分があったのが残念なところです。

 5月から8月は特にありません。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』でのトム・クルーズ様の凄まじさくらいでしょうか。

 9月は、『きみの鳥はうたえる』という映画と出会えた幸運といいますか。いい映画でした。

 10月は、『散り椿』の殺陣ですね。血がドビューって出るんですよ。いいじゃないですか(笑)。

 11月は、『ボヘミアン・ラプソディ』を。LSD(リードシンガー病)を克服する映画ということで感動しました(皆さんと感動ポイントが違い過ぎるだろw)。リードシンガーを主人公にした映画って、しかもQUEENを題材にそれを作ってしまうなんてって予告編を観て思ってしまって観る気はなかったのですが、世間の評判もよかったので、見逃したらあかんのかなって思って突撃しましたが、突撃してよかったです。

 12月は、新しく吉祥寺に誕生した映画館に行けたのがよかったですね。って、映画じゃねーじゃんか(笑)。

 前述のとおり、2018年は夏場に体調を崩したこともあって鑑賞ペースが下がりましたが、それだけではなく、映画館で観たいと思う映画が個人的には減ってしまっていることや、映画館での鑑賞という行為の内容が、映画を集中して観たいという私の気持ちから遠ざかっていってるような感覚があって、映画館で観る意味みたいなものが希薄になってきてしまっています。

 映画館での鑑賞という行為の内容が変わっていくことに対しての不満はありませんが、変わっていく方向が私にとっては受け入れられないものであるのなら、そこはお互いに別の道を行くのが最善ではないかと思うのです。と、バンド解散するみたいな感じで書いてみました(笑)。

 2019年も、どう転がっていくかは分かりませんが、適度に自分のペースでいければいいなと思います。

キル・コマンド

ネタバレしてます。disってもいるかな。

 

 


 トンデモ映画だと思って見始めたら、思ったよりもマトモで丁寧に作られていてびっくり。それでも、設定というか、世界観というか、バックグラウンドというか、それが曖昧にしか描かれていないので、その影響からか緊張感に欠けてしまっているのは残念なところでした。

 お話は、ヒロインは半分機械(元々人間で11歳のときに機械を導入したという設定)で、自分の開発している自発型ロボット(S.A.R:学習・分析・再プログラムの略)が、頻繁に再プログラムを繰り返しているので、その原因を探るために、米軍の小隊を訓練だよと騙してモルモットにして(ここは違うかw)現地に赴きますが、敵のロボットの攻撃に自分も巻き込まれてしまいましたというものです。(←ちょっと実際とは違うけど、こんな感じでいいでしょうw)

 ラストもよくある終わり方でした。敵ロボットのボスをなんとか倒したはいいけど、敵ロボットのボスのデータがヒロインにオーバーロードされて、多分、ヒロインは敵ロボットのボスと融合というか乗っ取られたのかな?と観客に思わせて終了です。

 敵側のロボット達のデザインはよかったです。特にボスキャラタイプのロボットがエイリアン(not映画)みたいで、そういう風にみせたいんだよねって気持ちがよく伝わってきました(笑)。そういうのもあってか、SF映画というよりかは、モンスター映画とホラー映画を合わせたような印象でした。

 主人公の大尉の走り方が軍人さんっぽくないというか、普段はあまり走らない人なのかな、なんて思ったり。主人公やヒロインをはじめ、その他の登場キャラクターはみんないいんだけど、それを活かし切れない退場の仕方はもう少し工夫してほしかったところです。屠られ方があっさりし過ぎというか。

 ヒロインが、トム様フォールアウトにも出ていたダブルスパイ?(1作目のラスボスの娘役)の女性と同じ役者さんだったとは見えなかった。これまたびっくり。

 

マンディ 地獄のロード・ウォリアー

面白かったのですが、いつものことですが何故かdisっていますし、ネタバレかましています。

 

 

 厨二病全開の映画。ということは、未だに厨二病に罹患している人にとってはマストな映画とも言えます。いやー、ナイフの名称とか、場面の構成とか、ほんまに厨二病真っ盛りです(←褒めてます)。なんだかんだ言いながらも面白かったですし、パンフレットも買ってしまいました。600円でしたよ、パンフレット。みんなも買おう。

 お話は単純で、カルト集団に拉致られ、目の前で焼かれて殺された配偶者の仇を討つために、ニコラス・ケイジがカルト集団以上の狂気で奴らを屠る。ただ、それだけです。あ、配偶者の仇というよりかは、自分の感情に折り合いを付けたかった、という印象が観終ったあとは残りましたねー。

 画面がかなり暗いのと、ニコケイが復讐に立ち上がるまでのお話がかったるいのと、妙にイメージ的な場面や展開をしたがったりするので、かなり見辛くてテンポも悪くなっています。また、やっとニコケイが復讐開始をして、テンションだだ上がりになったところで、なんかニコケイの暴走でいきなり敵に捕まるとか、ニコケイ自作の斧(後ろ側は槍にもなってます)というこれまた厨二病全開の武器や、人骨を切り裂く矢を放つボウガンを持っているにも関わらずチェーンソーバトルを入れたいがためにそれらを有効活用できていなかったりで(チェーンソーバトル自体は面白かったです)、テンションアゲアゲなまま逝かせてくれずに無駄にテンションを下げるような構成はどうにかならんかったのかなーって思ったり。壮絶な復讐劇で、きちんと復讐する相手を屠っているのに、なんかスカっとしずらいというか。ラスボスも、実は格闘レベルがかなり高くて無敵だったとか、厨二病ならそういう設定をぶち込まんとあかんやろーがー。

 カルト集団が、配偶者を拉致るために何かの笛(厨二病的な名前が付けられていたw)を吹いて呼び出したバイカー集団が、本当の意味でのバケモノかと思っていたら、実はLSDでイッちゃってる集団だったのは残念だったというか、本当のバケモノでよかったんじゃないかなー。ベルセルクっぽくて。描写も本当のバケモノっぽかったじゃないですか。矢が喉に刺さって大流血なのに死なないとか。これまた厨二病全開なら、そういう設定でいかんとあかんやろーがー。

 その辺りをきちんと整理して提示できていれば、ほんまに後世に残るカルト映画になったのになー、残念だなーっていう映画でした。いや、ほんまに面白かったんですけどね。Blu-rayとか出たら買うだろうし。うん、厨二病全開の映画ということで、かなり観る人を選ぶというか、合う合わないっていう部分で特に。これで、テンポがまだよければねー。

 拉致られた配偶者ですが、カルト集団の洗脳儀式のとき、洗脳補助剤として薬盛られたりしてるのに、教祖が作った歌(という設定で、教祖役の役者の方が実際に歌っているそうです)をバカにしたように笑ってしまったことで、こんなことは初めてだよって感じでテンパった教祖が激おこぷんぷんで、配偶者をニコケイの目の前で焼き殺すという展開はよかったです。

 いや、まー、かなりdisってしまったりしておりますが、ニコケイが好きな方、ニコケイのゴーストライダーに不満がある方、狂気のニコケイが好きな方達には必見の映画だと思います。

 

皆殺しの掟

ごっつ面白かったけど、何故かdisっちゃってるし、ネタバレかましています。

 

 

【WCC2018(What a Wonderful Cinema)】(ワンダーナイト・シネマカーニバル2018)

 格闘アクションが素晴らしかったです。格闘アクション好きなら、楽しめる映画だと思います。主演の二人(それと冒頭の格闘する人も含めて)、ドニーさんやイコ・ウワイス、トニー・ジャーあたりと戦っていただきたいなと思いました。

 冒頭の、いきなり始まる主役二人対黒人男性の勝負が凄いです。黒人男性はヘタレかと思っていたら、主役二人掛りでやっと倒せる強さ。ただ、このバトル自体は面白いのですが、映画の展開的に主役二人が戦うことになるんだろうなって分かってくると、最初に魅せられたこのバトルの印象が強いことから、どう足掻いても2位と3位の争いにしか思えなくて、最終対決なのにちょっとインパクトが半減しちゃってるんですよね。

 また、バレリーナの女性が主人公のジョンの彼女として登場しますが、特に(以下自主規制)でもなく、無意味なキャラクターだったと思います。多分、ガンフーアクション(これまたよかった)を見せるための舞台装置としてマンションを使いたくて、そこから彼女(とおそらく主人公のジョンも)が住んでるマンションにした方がいいのではという発想から作られたキャラクターなのではと思うのですが、それなら別の方法があったと思うし、彼女自身が大きく展開に絡むわけではなかったので、そういうことからも必要なかったのかなぁと。あ、ラストは主人公のジョンが、主人公と別れて暮らすことを選んだ彼女のところに行くのですが、それはマフィアから足を洗った、これから人生をやり直すという意味だったと思うので、そういう意味では必要なキャラクターだったのかな。

 それから、主役二人の少年時代の場面のときの役者が、成長した二人に直結しない、要するに似ていないというのはダメでしょう。似ている人が誰もいなかったのでしょうけど。

 ネタバレは以下のとおりです。
 FBIへの内通者は主役二人の義父で格闘技のトレーナーでありマフィアのボスの人。
 義父を殺したのは主人公のジョンの義兄のリー。
 主役二人が最後にリングの上で戦って、主人公のジョンが勝利。義兄のリーは、リングの下に隠しておいた銃で主人公のジョンを撃ち殺そうとしますが、主人公のジョンはその動きに気付いて、リーが持ってきていて主人公のジョンとタイマンで戦うためにリング上に置いていた銃が偶然(笑)主人公のジョンの目の前にあったので、それでリーのおでこ中央を撃ち抜いて殺します。
 FBIの人からバレリーナの彼女の居場所を教えてもらった主人公のジョンは、彼女のもとへ。で終了です。

 と、なんかいつものようにdisってしまってますが、Blu-rayかDVDが出たら買おうと思うくらい素晴らしい映画でした。ジョン役の人は、陰のあるダークヒーローが似合いそうで、これからももっとアクション映画に出てほしいものです。

 

散り椿

ネタバレはしてます。

 


 岡田准一がチャンバラアクションするっていうなら、観に行くしかないでしょう。チャンバラアクションの場面は、映画の全体量からすれば少なかったですが、それぞれは素晴らしいものでした。「殺陣」にクレジットされた中に、岡田准一もいたんですよ。これはもう信用するしかない案件です。撮影も一部やってるらしいことからも、岡田准一のプロモ映画と言っても過言ではありません。

 映画自体は、時代劇風の時代劇というか。所謂トンデモ映画です。静かに、人の情景を描きながら展開していくので、トンデモ映画とは思われにくいかもしれませんが、随所にツッコミどころ満載です。もうすぐ平成も終わりだいうこのご時世に、昭和な時代劇な雰囲気を醸しているというのに、中身はバリバリの平成というこの映画、最高でした。私は大好きです。

 一応、今の日本の役者さんの中でうまい人を揃えていると思うのですが、なんか下手というか、棒読みというか。でも、それが段々と慣れてくるのが怖いところです。池松壮亮もこんなに下手だっけと思いましたが、彼の演技自体が時代劇に合わないのかなー。

 

 ラストバトルは、岡田准一西島秀俊が親友だった頃の絆を取り戻し(というか再確認したかな、予告編の二人の椿の前の決闘がそれです)、ラスボスである奥田瑛二のところにかちこみます。剣豪という設定の二人は、モブやられキャラを簡単に屠っていきますが、調子に乗りすぎたのか弓矢の攻撃にあっさりと西島秀俊がやられちゃいます。岡田准一はキレてスーパーサイヤ人化。残りのモブやられキャラを軽く屠り、ラスボスを殴りまくって喉を掻っ切って終了。欲を言えば、もうちょっとラストバトルを長くしてほしかったところです。

 ラスボスにたどり着く前に、ちょっと強そうな人が出てきて、刀をぶるんぶるん振り回していましたが、これまたあっさりとやられるのは、よかったのか悪かったのか(笑)。『96時間/リベンジ』でいうなら、ラスボス前のあの強いおっさんがザコだったみたいな感じです。ちょっとここで長めの激闘があるのかと思っちゃったじゃないですか。

 続編があるなら、今度はもっともっと全編チャンバラアクションに振り切って、岡田准一がどんどんと斬りまくる映画にしてほしい。というか、それを観たい。

 あ、そうだ。別の映画館で観た予告編に比べて、私が鑑賞した映画館では画面の発色が悪いし暗かったんですが、これは本編がもともとそうだったのか(フィルムプリント時代は映画館や時期によってそういうのがあったり)、本編と予告編のミックス(音楽用語だ、それはw)が違ったのか、それとも映画館側の事象だったのか。どうなんだろう。

 

イコライザー2

微妙にネタバレしてるかも。disってるかも。

 

 


 微妙に設定というか、キャラクターの環境を変えてる感じの続編。前作ラストでは、マッコールさんは人助けを全面的に行なっていく姿勢を見せていましたが、今作の表向きの職業はタクシードライバーで、人助けは裏でちょこちょこっとやってる程度となっていました。

 前作以上に、まったりしているというか、淡々とし過ぎてるというか。マッコールさんの日常を描いて、その中に人助けという名の暴力制裁(笑)が挟まれます。

 今回の敵は昔の仕事仲間で、マッコールさんと同じくイコライザーとしての訓練を受けた人なんですが(マッコールさんは隊長だったらしい)、その元仕事仲間の人達との戦いがメインストーリーとして一応ではありますが設定されており、そこにマッコールさんの日常生活と人助けがサブストーリーとして組み込まれているという構成でした。

 淡々と描き過ぎていることで、ちょっと飽きる部分は正直ありますが(アクション映画を求めてる心情ですしね)、デンゼル・ワシントンの演技力と、日常生活の描き方の良さは特筆すべきものだと思います。小津安二郎の映画に(ジャームッシュではなくて)、少し必殺仕事人的なパートが入る、みたいな印象です。初見では物足りないという印象を抱きながらも、何度も観たくなるというスルメ映画なような気もします。

 マッコールさんが、元仕事仲間の人達(相手は4人)と初めて対峙したときの場面で、そこでそのまま戦いにならなかったのは、流石に正面衝突では数で劣り過ぎてマッコールさんが殺られることは確定なので逃げるしかないのかと思っていたんですが、観終わったあとは単にマッコールさんが一人ひとりジワジワやっつけたかっただけのように思いました。

 元仕事仲間の人達は、マッコールさんの本宅がある小さな港町に呼び寄せられるのですが、なんと嵐が来ていて住民は避難中でゴーストタウンの様相を呈していましたが、それがなんとなく西部劇風なテイストになっていました。

 嵐のために、風は強いし、海は荒れてて波は高いしと、元仕事仲間の人達はその環境下で悪戦苦闘します。マッコールさんは平然としているのに。という感じで、元仕事仲間の人達すらも、マッコールさんを前にするとザコです。いや、この体たらくでは元仕事仲間の人達は、前作のニコライさんにも軽く屠られるような気がするくらい、間抜けさ全開です。元仕事仲間の人達は人質すら用意していたというのに。ここはもう少し殺るか殺られるかという殺伐感がほしかったところです。淡々と描き過ぎたからか、ラストバトルまでマッタリとしちゃってたのはマイナス点だと思いました。

 そうそう、前作でも思ったんですが、マッコールさんは一応表向きは車の爆破に巻き込まれて死亡した扱いになっていますが、名前を変えてはいないんですよね。いいのかよ、バレるだろ(笑)。

 次回作は作るのかなー。個人的には観たいけど。